SCORE CARDBACK NUMBER

夏の聖地で雄姿を見たい、
東西2人の「特A」野手。
~甲子園を目指す注目の打者~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/07/25 06:00

夏の聖地で雄姿を見たい、東西2人の「特A」野手。~甲子園を目指す注目の打者~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

高校通算40本塁打まで迫っている東海大甲府の渡邉諒。ショートの守備にも磨きがかかる。

 山梨大会開幕6日前の7月7日、東海大甲府と狭山ヶ丘の練習試合が狭山ヶ丘高グラウンドで行なわれた。東海大甲府の4番打者は、高校ナンバーワン遊撃手の誉れ高い渡邉諒である。

 どのくらい前評判が高いかというと、日刊スポーツ紙が甲子園大会出場を争う49代表地区の投打ナンバーワンを紹介した記事の中で山梨県を代表するナンバーワン野手に推したのが渡邉で、その評価欄には「特A」の評価がつけられていた。49地区の中で特A評価は渡邉と森友哉(大阪桐蔭・捕手)の2人だけである。

 狭山ヶ丘との練習試合では2試合とも4番・遊撃手でスタメン出場し、第1試合では安打、二塁打、本塁打を放っている。

 とくに素晴らしかったのが打撃技術の高さで、本塁打にしたのは攻略が難しい外角低めのストレート。これに対して浅いダウンスイングでバットをボールの下に入れ、ボールに逆スピンをかけた。高校のグラウンドと言っても両翼95m、中堅120mある広い球場で、その左中間を越えて打球は草むらに飛び込んだ。

昨夏から高評価を受けていた大阪桐蔭・森友哉はチームの要に。

 東日本には渡邉以外にも、園部聡(聖光学院・一塁手)、内田靖人(常総学院・捕手)という超高校級野手がいる。

 園部は13日の福島大会、郡山商戦で高校通算56本目となる満塁本塁打を放ち、日本ハム大谷翔平の高校通算本塁打数に並んだ。

 また、同じ13日の茨城大会では内田が那珂戦の初回に先制2ラン、3回にソロと2打席連続の本塁打を放ち、スタンドを沸かせた。

 この3人が東日本勢の野手の顔なら、西日本の顔は前述した森だ。夏の甲子園2連覇をもくろむ大阪桐蔭の主軸であり、主将を務めるキャッチャーとして、文字通りチームの要となっている。この夏にかけて人気が高まってきた渡邉たちと違って、森は昨年夏から「ドラフト1位候補」と言われ続けてきた。

 昨年夏の甲子園後に行なわれた18U世界野球選手権ではホーム生還を狙うアメリカ選手に2度にわたって猛タックルを受けベンチに下がったが、また守備位置に戻ろうとする気迫を見せ、私たちを驚かせた。あれから1年、試練を乗り越えた森が、さらに大きくなって甲子園に姿を見せようとしている。

関連コラム

関連キーワード
東海大甲府
渡邉諒
大阪桐蔭
森友哉
園部聡
内田靖人
聖光学院
常総学院

ページトップ