ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

世代交代が急加速するドイツ代表に、
骨折したバラックは復帰できるか? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/09/18 08:00

世代交代が急加速するドイツ代表に、骨折したバラックは復帰できるか?<Number Web> photograph by Getty Images

 ミヒャエル・バラックはどんな思いを抱いているのだろうか。

 9月11日、ハノーファー96との試合で左足の脛骨を骨折してしまったのだ。全治には少なくとも6週間を要するそうで、最悪の場合は年内すべての試合に欠場する可能性もある。

 バイヤー・レバークーゼンのユップ・ハインケス監督は肩を落とした。

「ミヒャエルにとっても我々にとっても最悪の時を迎えている。彼は少しずつトップフォームを取り戻しつつあったのに……」

 バラックやレバークーゼンだけではなく、今回の負傷はドイツ代表にとっても、大きな影響がありそうだ。

ラームが新キャプテンとなり快進撃中のドイツ代表。

 ドイツ代表はEURO2012にむけて好スタートを切っていた。9月3日に行なわれたベルギーとのアウェイゲームを0-1で辛くも逃げ切ると、7日のホームで行われたアゼルバイジャン戦を6-1で快勝したのだ。

 バラックは、この戦いをTVから見守っていた。

 この2試合で注目を集めたのは、ピッチの中ではなく、外でのやりとり。バラックの処遇についてだった。

 2004年からドイツ代表のキャプテンとしてチームを引っ張ってきたバラックはW杯直前の怪我で、本大会への参加を見送った。本大会ではフィリップ・ラームがキャプテンを担い、ボランチのポジションはサミ・ケディラが務め、ドイツ代表はバラックの不在を感じさせない戦いぶりを見せた。

「キャプテンはバラック」と擁護したレーブ監督だが……。

 W杯期間中に行なわれたあるアンケートでは、80%の人が「バラックは代表には不要だ」と答えていたほどだ。ヨハヒム・レーブ監督が「あくまでも代表のキャプテンはバラックであり、ラームは今大会におけるキャプテンに過ぎない」と繰り返したが、バラックは不要だと考えるドイツ人は増えていった。

 さらに、本大会で勝ち進むにつれてラームが「今後もキャプテンを務めたい」と口にするようになり、代表のキャプテンをめぐる問題が議論されるようになった。レーブ監督も「9月から始まるEURO予選の前に、バラック、ラームの双方と話をして、キャプテンを決めたい」と態度を軟化させていた。

【次ページ】 キャプテンなのに招集せず? 監督の結論が玉虫色に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ミヒャエル・バラック
フィリップ・ラーム

ページトップ