SCORE CARDBACK NUMBER

ベテラン勢の活躍が光った、
1年ぶりのUFC日本大会。
~シウバ、ハントの豪快なKO劇~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/03/28 06:00

ベテラン勢の活躍が光った、1年ぶりのUFC日本大会。~シウバ、ハントの豪快なKO劇~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

「来年、またお会いしましょう」

 3月3日、さいたまスーパーアリーナで行なわれたUFC JAPAN。大会後の会見で、UFCアジア・マネージング・ディレクターを務めるマーク・フィッシャー氏はUFCが来年再び日本大会を開催することを示唆した。今大会に出場した日本人選手は岡見勇信、五味隆典など6名。メインとセミではPRIDEやK-1で名を馳せたヴァンダレイ・シウバやマーク・ハントを起用するなど、日本人目線で見れば豪華な大会に映った。

 果たして期待の日本人選手は3勝3敗とイーブンの戦績に。後日、UFCのデイナ・ホワイト代表が「ジャッジがおかしい」と疑問を呈するほど微妙な判定で敗れた五味は気の毒としかいいようがなかった。また、岡見はヘクター・ロンバートを相手に課題の残る判定勝ち。2Rまでは試合を完全に支配していたが、3Rになってから試合の主導権を奪われてしまったからだ。

UFCで苦戦続きの旧PRIDE&K-1ファイターが見せつけた存在感。

 ピリッとしない日本勢とは対照的に、旧PRIDE&K-1組は意地を見せた。ヴァンダレイは横田基地出身のブライアン・スタンを、ハントはUFC最長身(213cm)のステファン・ストルーブを相手に乱打戦の末、KO勝利を収めた。壮絶な打ち合いの中、ヴァンダレイはガクンとヒザをついてしまう場面もあったが、その後も怯むことなく、前に出続けてスタンを完全KO。一方、ハントは36cmという身長差を克服し、ストルーブを左フックで料理した。K-1時代のキャリアを活かし、自分の距離におびき寄せて闘ったことが勝因だろう。

 いずれも日本を主戦場に闘っていた頃をオーバーラップさせるKO決着劇だったが、戦前、海外ではヴァンダレイやハントの不利を唱える声が少なくなかった。仕方あるまい。かつて日本ではヒーローだった彼らもUFCでは苦戦が続いているからだ。ヴァンダレイに至っては「負けたら引退」という噂もあった。

 だが、終わってみれば、スタンやストルーブの踏み台にはならず、ベテランの存在感を見せつけた。そういえば、去年の日本大会の主役もMMA最先端の技術を見せながらライト級王座を奪取した外国人のベンソン・ヘンダーソンだった。いつになったら、日本人が主役になれるのか。来年の日本大会まで待てない。

関連コラム

関連キーワード
マーク・フィッシャー
ヴァンダレイ・シウバ
ブライアン・スタン
ステファン・ストルーブ
マーク・ハント
ベンソン・ヘンダーソン
UFC

ページトップ