SCORE CARDBACK NUMBER

森脇浩司は理論を武器に、
オリックス再建に挑む。
~“代行”での経験値を生かして~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/12/01 08:00

森脇浩司は理論を武器に、オリックス再建に挑む。~“代行”での経験値を生かして~<Number Web> photograph by KYODO

オリックスの森脇新監督(左)は、秋季キャンプ初日からT-岡田ら主力に対して熱心に指導を続けた。

  最下位に沈んだオリックスの再建を託されたのは、内野守備走塁コーチのスペシャリスト森脇浩司だった。岡田彰布前監督が球団ワーストタイの11連敗を喫した直後に解任されると、監督代行に。今季最終戦直後の10月8日、かつてソフトバンクでも経験した“代行”の肩書が外れ、「武者震いがする」と指揮官としての決意を語った。

  森脇は'79年に兵庫・社高からドラフト2位で近鉄に入団し、内野手として広島、南海、ダイエーでプレー。'96年に引退後、ソフトバンクのコーチに就任すると、左右広角に打ち分けるノックにより、川崎宗則や本多雄一を育て上げた。'06年には、当時の王貞治監督が胃の全摘出手術で休養した際に、監督代行を経験。試合を終えた後、“現状報告”をファクスで送り続け、「すべてを安心して任せられる」と王から絶大な信頼を得ていた。

  今季、オリックスでは、監督代行となるやエンドランやスクイズなどを多用し、徹底した“つなぎ”の野球を実行。指揮した9試合で7勝2敗と結果を残す一方、“チームの現状とこれからの方針”を日々、球団に報告していたという。その結果、「チームを上向きにさせられる人物」という宮内義彦オーナーの評価を勝ちとった。

『葉隠』や『戦争論』を愛読する指揮官が目指す“つなぐ野球”。

「新監督として日本ハムをリーグ制覇させた栗山(英樹)流の人心掌握術は、ものすごく勉強になった」

  こう語る森脇のもとには、今季まで日ハムでコーチを務めた福良淳一のヘッドコーチ就任が決定。他のコーチ陣は、球団主導で投手コーチに西本聖、打撃コーチに石嶺和彦、内野守備走塁コーチに真喜志康永とOBで固められた。スマートな風貌と礼儀正しい物腰で知られる森脇だが、好き嫌いがはっきりしている一面もある。OBコーチ陣をうまく操縦できるかが課題だろう。

  愛読書は『葉隠』や『戦争論』という勉強家は、若い選手を理論で説く。勝つ野球に飢えているオリックスの若手には、森脇が標榜する“走り、守り、つなぐ野球”が少しずつ浸透しつつあるようだ。

  現役時代はスター選手ではなかったかもしれない。だが、「名選手=名監督にあらず」という格言を証明する新たな指揮官になるのではないか。そんな期待を抱いている。

関連コラム

関連キーワード
オリックス・バファローズ
森脇浩司
福良淳一
西本聖
石嶺和彦
真喜志康永

ページトップ