Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<アジア人初の先達から学ぶ> 朴智星の教訓 「マンUで成功するための3カ条」 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/09/05 06:01

<アジア人初の先達から学ぶ> 朴智星の教訓 「マンUで成功するための3カ条」<Number Web> photograph by AFLO
勝利のために犠牲になることも必要だ。
たとえ逆境でも敗北は忘れ、次なる戦いに闘志を燃やせ。
それこそが一流のマンU選手の証。

 今から遡ること7年。

 2005年の夏、元韓国代表のMF朴智星(パク・チソン)はマンチェスター・ユナイテッドに入団した。世界最高峰のクラブで初のアジア人プレーヤーとなった。

 入団当初は厳しい目に晒され、こんな言葉も浴びせられた。「ユニフォームを売りに来たのか?」「いいプレーは見せるだろうが、最高にたどり着く機会はなかなか得られないだろう」

 それでもアジア選手への偏見を乗り越え、7年で205試合出場、27ゴールを挙げた。'09年にはアジア人プレーヤーとして初めてチャンピオンズリーグ決勝の舞台で先発メンバーに名を連ねた。敗れたものの、ローマの地でバルセロナと対戦した。今年7月、QPRに移籍した際には、マンチェスター地元紙が大特集を組んでその実績を称えている。

 筆者は、パクが京都パープルサンガ在籍の19歳の頃から取材をし、インタビューはマンチェスター現地取材を含め6度ほど行なったことがある。さらに'10年10月には、彼の自叙伝『名もなき挑戦――世界最高峰にたどり着けた理由』日本語版翻訳も担当した。そこに記された言葉に、“香川がマンUで成功するためのヒント”が隠されている。

<教訓1> チーム内での立ち位置を自覚する。

 もし、パクがマンUに残っていたら……香川と2列目のポジションを争うことになったか? 確かに表面上は、イエスだっただろう。

 しかし、香川とパクの存在理由は全く違うものになっていたはずだ。

 パクは自叙伝でこんな話をしている。

「'08年4月、ミドルスブラでのアウェーゲームでのことだ。季節外れの雪が降っていたその夜、1-2とリードを許していた後半に途中交代で投入された。10分経った頃に、ルーニーの同点ゴールをアシストした。試合後、新聞での評価が印象的だった。『Great Cameo(偉大なる助演)』。これがまさしくマンUでの自分への期待値なのだ」

【次ページ】 パクが韓国代表とマンUで使い分けた“2つの顔”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
パク・チソン
香川真司
マンチェスター・ユナイテッド

ページトップ