ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

モロッコ戦はスペインを反面教師に!
山口螢らが語る最大の懸念とは? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Ogura/JMPA

posted2012/07/29 14:20

モロッコ戦はスペインを反面教師に!山口螢らが語る最大の懸念とは?<Number Web> photograph by Naoki Ogura/JMPA

スペイン戦、ボランチの山口螢は、豊富な運動量を生かし、東、清武らと連動した守備でスペインの巧みなパスワークを寸断。日本の勝利に大きく貢献した。モロッコ戦に向けても、浮かれることなく、冷静な分析と対策を語ってくれた。

 スペインに勝ち、グループリーグ突破に向けて好スタートを切った日本。モロッコ戦に勝って一気に決勝トーナメント進出を決めてしまいたいところだが、スペイン戦とは違った生み(勝利)の苦しみを味わいそうだ。

 スペイン戦は、徳永悠平が「自分たちのプラン通りの勝ち方だった」というように、格上の相手を自分たちの術中に100%ハメた上に、相手を上回る運動量で勝利を手にすることができた。

 だが、モロッコは、スペインとは全く異なるタイプである。スペインは、組織的なパスワークで攻撃を仕掛けてくるタイプだが、ホンジュラス戦でのモロッコはわりと個人を前面に押し出してくるチームだった。

 永井謙佑は、言う。

「ビデオを見た感じ、9番のFW(アムラバト)を始めけっこうゴリゴリ来る感じでしたね。逆に言うと、そういう相手は分かりやすいんで、やりやすいって言えばやりやすいです。ただ、当然スペイン戦に勝った日本のことは研究し、警戒してくるんで、勝つのは簡単ではないでしょう。引かれてスペースがなくなる可能性もあるけど、じゃあ守りがすごい堅いかって言えばそうじゃない。90分やっていれば、どっかで必ず穴が空くんで、そのチャンスをしっかり決めて、勝ちたいですね。スペイン戦は、ちょっと外しまくっていたんで」

日本をよく知るピム監督の永井封じは想定内。

 永井の言葉通り、スペイン戦の勝利で他国が日本を見る目が変わってくるのは致し方ないだろう。あれだけ堅守速攻の素晴らしいサッカーを見せ、スペインを撃破したとなれば警戒されるのは当然だ。

 しかもモロッコの監督は、Jリーグの大宮や京都での監督経験を持ち日本をよく知るピム・ファーベークゆえ、日本のストロングポイントを消してくるのは容易に察しがつく。その第1ポイントが永井封じということになる。

 山口螢は、それは想定内だという。

「永井君を警戒するのは、当然あると思います。でも、カウンターは永井君一人でやっていたわけじゃない。日本の攻撃の恐さって前の4人が連動していることだと思うんです。永井君が潰れても自分たちがしっかりと押し上げて攻撃をサポートしていければ、必ずチャンスは作れると思うんです。そういう意識は、みんな持っているし、セットプレーでも必ずチャンスはありますからね。だから、それほど心配はしていないです」

【次ページ】 「スペイン戦のスペインにならないように」(山口螢)

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
永井謙佑
山口螢
吉田麻也
清武弘嗣

ページトップ