ロンドン五輪探検記BACK NUMBER

ロンドンは燃えているか?
妙に「ツンデレ」な現地の空気。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/07/27 16:30

ロンドンは燃えているか?妙に「ツンデレ」な現地の空気。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

聖火ランナーとして活躍したロンドン大学のエリート学生3人組。彼らにお願いして聖火のトーチをもたせてもらいました。意外に、重い。感覚的には1000mlの牛乳パックよりちょっと重いくらいで、これを片手に走るのは想像したよりも大変そう。

Number編集部がロンドンへ勇躍派遣した若き編集者W君。彼が取材の現場やロンドンでの生活で見聞きしたオリンピックの四方山話を紹介していく短期連載コラム『ロンドン五輪探検記』。テレビや新聞など大メディアとはビミョ~に違う報道の現場を、時に熱く、時にクール(?)にお伝えしたいと思います!

 東京を離れ、ロンドン入りして早4日。

 なでしこジャパンの快勝によって、「チームJAPAN」は幸先のいいスタートが切れ、さぞかし国内は盛り上がっているんだろうなぁ……と、まだ開会式前なのに日本がどんな雰囲気なのかが実感としてつかめなくなっている自分。
(編集部注:関塚ジャパンのスペイン戦勝利前に執筆した原稿です)

 日本では大ニュースになっていたであろう「イチロー、ヤンキース移籍」も、情報ソースがネットだけだと、その話題の広がり具合が正確に把握しにくい。他社のカメラマンから「ナンバーはイチローで表紙をつくらないの(笑)」などと言われても、「はぁ……でも僕はオリンピックを、ハイ」などとボヤっとした受け答えしかできないでいるのが現状だ。

 でも逆に、日本にはオリンピックのご当地=ロンドンが本当はどんな雰囲気なのか、あまり伝わっていないのではないか、とも思っている。

ロンドン在住の人たちの、五輪に対するあまりにも冷ややかムード。

 ロンドンに到着してすぐ、こちらで働いていたり留学している友人、知人に会って話を聞いた。

「ロンドン、盛り上がってる?」

 だいたいネガティブな答えが返ってきた。

 シニカルな英国人や、その色に染まったロンドン在住外国人は、様々な方面からこの大会に冷や水を浴びせかけているらしい。

「大会の予算が当初の3倍」「工事が遅れている」「交通渋滞がひどくなってきた」「ヒースローの入国審査に時間がかかり過ぎる」「マスコットがかわいくない」「EUROとウィンブルドンの話題ばかり」などなど、ネガティブな意見は枚挙にいとまがない。

 その中で特に気になった話題がふたつある。

 ひとつが大会の「警備」に関するものだ。

【次ページ】 ロンドンにはマシンガンをぶら下げた軍人さんも!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ロンドン五輪

ページトップ