EURO大戦2012BACK NUMBER

盤石のドイツに声を失わせた奮闘。
苦境ギリシャの晴れがましき敗戦。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/23 12:30

盤石のドイツに声を失わせた奮闘。苦境ギリシャの晴れがましき敗戦。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

バドシュトゥバー(ドイツ)のヘディングに身体を寄せるパパスタソプーロス(19番)とサマラス。ドイツの猛攻を受けながら、ギリシャは最後まで2004年欧州王者の意地を見せ続けた。

「我々はバカンスを過ごすために、この地に来たわけではない」

 本命ドイツとの一戦を控えて、ギリシャのサントス監督は力強く語った。

 とはいえ、ベスト8進出でギリシャは十分称賛に値する。

 グループリーグで「絶対に負けられない戦い」を続けてきた彼らは、すでにすべてを出し尽くした。しかもこの一戦では、ロシア戦の立役者であるカラグーニス主将とホレバスが出場停止に。ここまで来たのだ。ドイツに惨敗を喫したところで、だれからも非難されることはない。華々しく散ればいいのだ。

 焦点はどちらが勝つか、ではなく、ドイツがどう勝つのか、だった。

 ドイツのホームのような雰囲気の中で始まった戦いは、しかし、ギリシャが驚異的な抵抗を見せる。序盤から一方的に押し込まれたが、彼らはあらゆる手を使い、ドイツの猛攻を凌ぎ切った。キーパーが度重なる治療で時計を止め、左サイドのサマラスは荒々しいタックルで屈強なドイツ人を次々と削り倒す。ワントップに起用されたサルピンギディスなどは、敵の腹にかかと蹴りまで食らわせようとした。ドイツは次々とシュートを外し、スタジアムに苛立ちの空気が漂い始める。ギリシャは嬉しそうに守り始めた。

 39分にラームの一発で先制点を奪われた瞬間、ギリシャの勝利は半ば消えたかと思われた。守りに人数を割き、ドイツの猛攻に耐えていた彼らには、ほとんど攻め手がなかったからだ。

ヨーロッパ王者に輝いた2004年の経験を感じさせたギリシャ。

 だがサントス監督は、後半立ち上がりから一気にふたりの選手を代えると、ギリシャは見事同点に追いつく。ワントップのゲカスの投入が的中した、これしかないという逆襲からの一発。後半10分にサマラスのゴールが決まったその瞬間、スタジアムを埋めたドイツ人たちは声を失ってしまった。

 とはいえ、終わってみれば2対4。ギリシャは残り30分に力尽き、「順当に」トーナメントから姿を消した。

 60分までは信じられないほどの奮戦ぶりだった。「バカンス」に来たわけではないことを、彼らは言葉ではなくプレーによって証明したのだ。深刻な経済危機に喘ぐ国民も、この大会の間だけは現実を忘れることができただろう。

 ギリシャがどこに向かうのか、それはだれにもわからない。だが、この国のサッカー界にはヨーロッパ王者に輝いた2004年の経験が、血肉となって生きている。この夜のギリシャの素晴らしい守備、一撃必殺のカウンターは8年前を彷彿とさせた。ヨーロッパのウルグアイ。それくらいのニックネームを与えてもいいと思う。

【次ページ】 周辺国からの移民がドイツ代表に新しいカラーを加える。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ギオルゴス・サマラス
ディミトリス・サルピンギディス
ファニス・ゲカス
フェルナンド・サントス
EURO2012

ページトップ