Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<秘密のノートを初公開> 有森裕子の日記。 ~1991-1992 銀メダルへの2年間~ 

text by

柳澤健

柳澤健Takeshi Yanagisawa

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2012/06/15 06:01

<秘密のノートを初公開> 有森裕子の日記。 ~1991-1992 銀メダルへの2年間~<Number Web> photograph by Takashi Shimizu
バルセロナオリンピックで銀メダルを獲得し、
一躍国民的ヒロインとなった有森裕子。
しかし、日本代表を決める選考は大きな論議を呼んだ。
最後の一枠を争うのは有森と松野明美。
世論は小柄で可憐な松野を支持する――。
21年を経て公開された有森の日記には、
長距離ランナーの孤独な心中が余すところなく描かれていた。

 私が日記をつけ始めたのは高校の頃。スケジュールや練習メニューを書くのはもちろんですが、書くことによって、体だけではなく、自分のメンタルの状態を確認できます。きれいに書けている時もあれば、感情的にワーッと書いて字がグジャグジャの時もあるので。

 日本体育大学を卒業して、小出義雄監督率いるリクルート陸上部に入ったのは1989年4月。バブル期でお給料もよかったし、いわゆる栄養費もたくさんもらっていました。

 ところが周囲の選手は監督のメニューにグチをこぼし、集合時間に遅刻することさえありました。私以外の選手はほぼ勧誘されて入部したエリートばかり。「入ってあげたんだから、やってもらって当たり前」という考えを持っているように、余裕のない私はその当時、感じていました。

 走ることでお金をもらっている以上はプロであるはずなのに、文句ばかり言っている周囲をいつか必ず、絶対に抜く! と。

 でも、この世界は実力がすべて。高校、大学時代にこれといった実績のない私は、「今に見てろ」とひたすら練習に打ち込みました。

大阪国際女子マラソンで日本新記録を出した日。

 私は故障の多い選手です。先天的に股関節亜脱臼があり、小学校2年の時にはダンプカーに足首を轢かれたこともあります。身体のバランスが悪いんですね。

 '90年の大阪国際女子マラソンで6位に入り、初マラソンの日本新記録を作った時にも腸脛靱帯(腰から膝の外側まで伸びる長い靱帯)の付け根が痛くなって、水をかけながら走っていました。治るまでには、結局半年以上かかりましたね。

 '91年が明けた頃の私は、「2度目のマラソンは難しいよ」と言う周囲に反発しつつ、ようやく整ってきた体調に安堵しながら、2度目のマラソンとなる1月27日の大阪国際女子マラソンに向けて練習を続けていました――。

1月8日 なんで、なんで――? って感じでいきなり日本テレビの取材が来る。いきなり部屋も撮られるし、照れるなあ。違うって……。でも確かに昨年よりはいろんな面でスムーズにきてるし、調子はいい。だが、ここで意識過剰になるとレースで必ず失敗する。図に乗るな……ありもり!

1月22日 風邪を引くな……風邪を引くな……生理よくるな……生理よくるな……こんな言葉が頭の中でグルグルしている。

1月27日 (大阪国際女子マラソン当日)日本新記録……。こんなの出すつもりなかった。うれしいが、不安がその分襲う! これからが本当の意味で大変かもしれない。

【次ページ】 “ライバル”松野明美との合宿、私生活での葛藤……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
有森裕子
RUN特集
バルセロナ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ