Number on NumberBACK NUMBER

メダル数で測れないもの。
~“中国化”する日本スポーツ界~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2012/06/05 06:00

メダル数で測れないもの。~“中国化”する日本スポーツ界~<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

中国が最も得意とする競技のひとつ、体操。北京五輪では、男子団体総合、男子個人総合ともに中国に金メダルを譲った。ロンドンでは、内村航平(写真)の個人総合金だけでなく、団体総合金メダルというアテネ五輪の再現を目指す。

 オリンピックにおいて、1位から3位の選手に「金銀銅」のメダルを授与すると決まったのは、1907年、オランダのハーグで行なわれたIOC総会だった。彼らの決定によって、オリンピックでは3位までが高い価値を持つことになった。

 今では世界中で多くの選手が、オリンピックのメダルを最も価値ある成果として目標にしている。しかし考えてみると、これは当時のIOC委員――ピエール・ド・クーベルタンやスウェーデンのビクトル・バルク将軍が決めた顕彰の方法だ。彼らが「メダルは5位まで」と決めていれば、5位が高い価値を持つことになっていたかも知れないのである。

 メダルは、選手にとっては明確な動機づけになる。しかし、選手以外の人々が目標として掲げると、話はややこしくなってくる。例えば国家が目標に掲げると、それがスポーツ界のためになるのか、疑わしい場合もある。

 日本の文部科学省では今春、大臣の諮問機関である中央教育審議会が「スポーツ基本計画」を答申した。その中で、今後5年間、オリンピックの金メダル獲得数で、夏季大会においては世界の5位以上を目標にする、と書いている。世界5位とはどれくらいか。夏季大会の種目数が300に達した'00年シドニー五輪以降、最近3大会を見ると、シドニー五輪の5位はドイツで13個。'04年アテネ五輪は、ちょうど日本が5位で16個だった。そして'08年北京五輪の5位もドイツで16個になっている。

●五輪・最近3大会金メダル5傑と日本の成績
大会 国名
'00年 シドニー (1)米国
(2)ロシア
(3)中国
(4)豪州
(5)ドイツ
(15)日本
37
32
28
16
13
5
24
28
16
25
17
8
33
29
14
17
26
5
94
89
58
58
56
18
'04 年アテネ (1)米国
(2)中国
(3)ロシア
(4)豪州
(5)日本
36
32
27
17
16
39
17
27
16
9
27
14
38
16
12
102
63
92
49
37
'08年 北京 (1)中国
(2)米国
(3)ロシア
(4)英国
(5)ドイツ
(8)日本
51
36
23
19
16
9
21
38
21
13
10
6
28
36
29
15
15
10
100
110
73
47
41
25
※IOC公式ホームページより

 アテネ五輪の16個は、日本が1大会で獲得した金メダル数の最多タイ記録だった。5位以上を目指すということは、日本は常に最多タイのレベルを目指すということで、文科省は今後、そのための予算を要求していくはずだ。「スポーツ基本計画」では、スポーツによる事故や外傷の予防といったテーマにも言及している。こういったことは、まさに国が取り組むべき課題だろう。しかしオリンピックのメダルの数というのは、目標として国が定めるべきものだろうか?

 金メダル数で現在、世界No.1は北京五輪で51個を獲得した中国である。「世界で5位以上」という目標の設定は、中国のようなスポーツ文化を目指す、ということにならないだろうか。それは、日本のスポーツ界にとってよい目標と言えるだろうか。

【次ページ】 中国がメダルを荒稼ぎする競技の共通点とは?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ