SCORE CARDBACK NUMBER

スター選手が続々、復帰。
新生K-1の未来と現実。
~日本での開催はないのか?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byBen Pontier/EFN

posted2012/05/23 06:00

スター選手が続々、復帰。新生K-1の未来と現実。~日本での開催はないのか?~<Number Web> photograph by Ben Pontier/EFN

バダ・ハリ(右)は1月に開催されたイッツショータイムで“キック引退試合”も行なっていた。

 活動の拠点は日本から海外へ。5月27日、スペインのマドリッドで「K-1 RISING2012」が開催される。マッチメークの軸は16名参加の70キロ級世界トーナメント1回戦とヘビー級のスーパーファイトだ。K-1復活の報を聞きつけ、今年1月にボクシング転向を表明したバダ・ハリが前言を撤回し、ブラジルの新鋭と対戦する。

 資金繰りの悪化によって、昨年9月の国内大会を最後にFEG体制のK-1は活動休止に。K-1ワールドGP優勝を最大の目標に置いていたバダ・ハリは闘うモチベーションを失ってしまった。

 だが、今年になってからジャスダック上場企業であるEMCOMが香港に子会社としてK-1グローバル・ホールディングスを設立。担保として他の企業などが押さえていたK-1の商標を買い取ったことで、今後はK-1グローバル・ホールディングスが団体を運営していくことになった。これまで舵取りをしてきた谷川貞治氏や石井和義氏は新K-1に一切タッチしない。その代わりイッツショータイム代表のサイモン・ルッツ氏がサポート役に回った。

新K-1の誕生によって、ミルコ・クロコップも復帰を決意。

 新K-1は今回のスペイン大会を皮切りに、アメリカやマカオでの大会開催を計画中。12月にはニューヨークでK-1ワールドGP復活を目論む。そこでバダ・ハリはボクシング転向を来年度にスライドさせ、年内は引き続きキックに専念することになったのだ。新K-1の誕生によって、再びやる気になったのはバダ・ハリだけではない。3月に母国クロアチアでラストマッチを行なったばかりのミルコ・クロコップも復帰を決意した。

 実際にスタートしてみなければわからない部分もあるが、いまだK-1は魅力的なコンテンツなのだろう。

 その一方で別の動きもある。マドリッド大会の前日には、スウェーデンでGLORYワールドシリーズが行なわれる。出場選手はセーム・シュルト、ジョルジオ・ペトロシアン……。これまで旧K-1がまとめていたワールドクラスの選手が真っ二つに割れてしまった格好だ。 水面下で激しく対立といわれている両団体だが、共通項もある。いずれも年内に日本開催の予定はないということだ。総合格闘技に続き、立ち技格闘技のビッグマッチも海外中心になっていくのか。

関連コラム

関連キーワード
バダ・ハリ
ミルコ・クロコップ
K-1

ページトップ