SCORE CARDBACK NUMBER

度胸満点の変則左腕、
中後悠平が描く夢。
~藤岡、益田と競うロッテの新人~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/05/13 08:00

度胸満点の変則左腕、中後悠平が描く夢。~藤岡、益田と競うロッテの新人~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 中後悠平と書いて、“なかうしろゆうへい”と読む。「ファンに名前を憶えてもらいたい」と語るロッテ期待のルーキーだ。昨年のドラフトでは、ビッグ3と呼ばれた菅野智之、野村祐輔、藤岡貴裕に次ぐ存在として注目されていた。母校の近畿大学、榎本保監督は、愛弟子についてこう話す。

「左の変則フォームから投げる速球とスライダーの威力は申し分ない。課題はコントロール。ハマれば絶体絶命のピンチも救えるピッチャーだが、崩れればとたんにゲームを壊してしまう」

 プロ入り後も制球力が課題とされ、2月のキャンプではバント処理の練習で左打者の背中を通してしまうなど、先行きが思いやられる場面もあった。それでも平然としている姿に〝度胸の良さ〟を見出した西村徳文監督は「打者があれだけ嫌がるフォームなのだから必ず役に立つはず」と開幕一軍入りを決めたのだ。

 初登板は開幕第2戦、1点リードの8回1死満塁という緊迫の場面だった。四死球を避けたい満塁での起用について西村監督は「託すというよりも、これからやってもらうための賭けだった」と振り返る。ここで中後は得意のスライダーを多投し、楽天の聖澤諒、内村賢介を見事、連続三振に切って取り、「プロでやっていける自信のようなものが出来た」と言ってのけた。

「(同期の)藤岡と益田に負けたくない気持ちもありますよ」

 首脳陣の信頼を得た中後は、勝ちパターンの中継ぎとして11試合に登板、4月22日には初勝利も挙げた。キャンプから取り組んできた、腕を下げてサイドから投げるフォームは、打者に恐れられ、“嫌らしい投手”に成長している。

「キチンとコントロールをつけようと考えるより、アバウトに腕を思い切り振って、ど真ん中を狙って力いっぱい投げているだけ」

 と好調の理由を語る中後。4月30日には6回3失点で降板した同期の藤岡をリリーフし、プロ3勝目をサポートした。

「藤岡がキチンとゲームを作り、僕と益田(直也)が勝利につなぐ。働く場所があるからやりがいがある。(同期の)藤岡と益田に負けたくない気持ちもありますよ。そりゃいつの日か、先発を夢見ていますから」

 指揮官の抜擢に応えた中後が、ロッテの快進撃を支えている。

関連コラム

関連キーワード
中後悠平
千葉ロッテマリーンズ
益田直也
藤岡貴裕

ページトップ