Number on NumberBACK NUMBER

2000本という節目。
~稲葉、宮本ら今季4人達成か~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/04/25 10:30

2000本という節目。~稲葉、宮本ら今季4人達成か~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

宮本慎也(写真)と稲葉篤紀は1994年、それぞれドラフト2位、3位でヤクルトに入団。プロ18年目を迎えた同期入団の2人が、ほぼ同時に2000本安打という偉業に迫ろうとしている。

 2012年のプロ野球では、3人のベテラン選手が、これから次々に2000本安打を達成していく。稲葉篤紀(日本ハム)、宮本慎也(ヤクルト)、小久保裕紀(ソフトバンク)の3人だ。日米通算の本数で見れば、アレックス・ラミレス(DeNA)も迫っており、彼も加えれば4人になる。ラミレスは日本プロ野球での本数に限っても、今季150本で2000本だから、これも今年中に届く可能性がある。

 同じ年に2000本安打が3人というのは、1985年に有藤道世(ロッテ)、若松勉(ヤクルト)、谷沢健一(中日)が達成して以来のこと。4人となると、1983年に藤田平(阪神)、衣笠祥雄(広島)、福本豊(阪急)、山崎裕之(西武)が達成して以来、29年ぶり、史上最多タイの人数になる。

 4月時点で41歳5カ月の宮本は、史上最高齢での2000本安打達成になる。

 過去最高齢は落合博満(巨人)の41歳4カ月。落合の記録を更新して、遅くとも5月上旬には2000本に到達するだろう。加えて彼の場合、もう一つ、この記録に価値を加える要素がある。それは、長い選手生活の中で、主にショートを守った選手が2000本安打に到達するのは、藤田平、野村謙二郎(広島)、石井琢朗(広島/達成時は横浜)、田中幸雄(日本ハム)に次いで5人目のことになるが、その中で、宮本はショートでの出場試合数が2番目に多いということだ。

高卒でプロ入りした石井の記録に、社会人から入った宮本が迫る。

 現在はサードを守っているが、2008年まで彼のポジションは主にショートだった。昨年までに出場した1948試合のうち、ショートでの出場が1449試合。藤田は1268試合、野村1235試合、石井1762試合、田中1356試合だ。この中で最多安打は石井の2426本だから、宮本は今年の成績次第で、来年以降、これに迫る可能性も出てくる。高校からプロに入った石井の記録に、社会人から入った宮本が肩を並べたら、これは価値がある。守備の負担が最も大きいこのポジションをこなしながら、打撃面でこうした成績を残すというのは大変な業績だと言える。

●2012年に通算2000本安打が期待される選手
選手名(所属)
経歴
年齢
プロ年数
通算安打 通算打率 守備出場試合
宮本慎也(ヤクルト)
PL学園-同大-プリンスH
41歳
18年目
1975本
[25]
.284 遊 1449
三   431
稲葉篤紀(日本ハム)
中京-法大
39歳
18年目
1966本
[34]
.290 外 1617
一   147
小久保裕紀(ソフトバンク)
星林-青学大
40歳
19年目
1962本
[38]
.275 三  950
一   517
ラミレス(DeNA)
サンアントニオデパウラ高
37歳
15年目
1936本
[64]
.301 外 1570
  
※数字は開幕前のもの。ラミレスは日米通算の成績。[ ]内は2000本までの本数。

 米大リーグでは、20世紀以降にデビューした選手に限って見ると、連続試合出場の記録を持つカル・リプケンが、ショートで2302試合、サードで675試合に出場して通算3184安打を打っている。年間試合数が162試合で行なわれている米大リーグの記録と単純な比較はできないが、宮本が今後どこまで記録を伸ばせるか注目したい。

 開幕時点では、宮本の残り本数が一番少なかったが、4月に入って稲葉が猛チャージ。稲葉の方が先に、しかし2人とも、交流戦前には達成するだろう。小久保は交流戦での達成になりそうだ。

【次ページ】 3人の記録達成は、ファンの記憶に残る場面に。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
宮本慎也
稲葉篤紀
小久保裕紀

ページトップ