野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

'98年の熱狂を忘れぬ横浜ファンよ、
4・3ハマスタ開幕戦に集結せよ! 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/04/01 08:01

'98年の熱狂を忘れぬ横浜ファンよ、4・3ハマスタ開幕戦に集結せよ!<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

1998年、就任一年目の権藤博監督(現・中日一軍投手コーチ)率いる横浜ベイスターズ(当時)が、いきなり日本一に輝いた。その後も、1999年、2000年と続けてリーグ3位のAクラス入りを果たしていた。

 ついに2012年のプロ野球も開幕し、各地では熱戦が繰り広げられているわけであるが、興味の対象は依然横浜方面へ津々と向いている。

 何がそんなに気になるかといえば、4月3日。

 その日、横浜DeNAベイスターズは新体制での本拠地開幕戦を迎える。

 考えてみれば、昨年あの日のあの瞬間。長野に代打逆転サヨナラ満塁ホームランで強制的に幕を下ろされたどん底からはじまった激動のオフ(ちなみに今年の東京ドームは油断するとあの瞬間の映像・写真を出会い頭に見せられるので注意が必要だ)。一体どんな形で開幕を迎えることになるのか、様々な形態を妄想していた。

 世が世なら、ベイスターズは新球団・新潟モバゲー怪盗ロワイヤルズとして、新庄剛志新監督と共に超画期的な襟立てユニフォームをまとってハードオフスタジアムに参戦! ぐらいのことになっていてもおかしくはなかったのである。いや、冷静に考えれば十分おかしいのだが、何が起きてもおかしくない状態にあると、理性以前に不安が思考を作り出す、ということらしい。

ここ数年を鑑みれば「デ」のスタートはできすぎだ。

 長かった。このオフは本当に長かった。この間「モバゲーのハマスタは入場料無料だってね。チャンスになったらカキーン」なんて類の生ヌルい小噺を何回真顔で聞き流しただろうか。

 当初は球団が存続するのか、横浜が本拠地になるかどうかすら不明だった。そこから時間と共にアレが決まりコレが決まりで、一喜一憂する毎日。モバゲー、DeNA、中畑監督、ハマスタ、村田OUT、ラミレスIN。小池鶴岡出戻りFA、ユニフォームに応援歌、ホッシー一家、ペットのハムスターを置いて故郷へ帰る。メディアはDeNAでいくらしい。NPBの略称は「デ」。等々。

 いろんなことがあった。そして、開幕を直前に迎えた今になってしみじみと思う。

 総じて、できすぎだ。

 オープン戦で3位と結果を残したこと、梶谷速すぎ、国吉抑えすぎ、中畑監督がハマり過ぎなことはもちろんだが、それ以上にズタボロだった球団がここまで立て直してきたことは、ここ数年のゴタゴタを鑑みれば、正直、奇跡みたいなもののように感じている。

【次ページ】 ハマスタでの本拠地開幕戦で球団の本気度がわかる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
中畑清

ページトップ