オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋も浅田も口にした「悔しい」。
全日本フィギュアで見た世界一の志。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/12/30 10:31

高橋も浅田も口にした「悔しい」。全日本フィギュアで見た世界一の志。<Number Web> photograph by AFLO

浅田真央(前列左から2番目)、高橋大輔(後列左から2番目)がともに2季ぶり5度目の優勝を果たした全日本選手権。浅田は3月の世界選手権で、2008年、2010年に続く3度目の優勝を狙う

「悔しい」

 何度も同じ言葉が飛び交った。

 年末の12月23日から25日まで行なわれたフィギュアスケートの全日本選手権は、それがキーワードであるかのような大会となった。

 特に男子では顕著に表れた。

 全日本選手権は、世界選手権あるいはオリンピックなどの日本代表選考がかかる戦いとして実施されている。その重圧と緊張は計り知れない。例えば、小塚崇彦はかつて、「魔物がすんでいる」と表現したこともある。それは毎年、かわらない。

 そうした大会の男子で優勝したのは高橋大輔だった。ショートプログラムの驚異的な滑りとは対照的に、フリーではジャンプで3度転倒し、不本意な滑りに終わったが、ショートプログラムの貯金をいかしての優勝である。

 そこに喜びはなかった。

「自分の中で優勝したという気持ちはないです。失敗は本当に悔しいです」

高橋だけでなく、小塚、羽生も揃って口にした「悔しい」。

 総合2位には小塚が入った。今シーズン、フィットする靴になかなかめぐりあえなかった小塚だが、NHK杯を経てようやく納得のいく靴と出会うことができた。フリーの「ファンタジア・フォー・ナウシカ」は、中盤のトリプルアクセルで転倒したものの、冒頭の4回転トウループを成功させて波に乗り、今シーズンでは最高の出来と言える滑りを披露してみせた。

 それでも小塚は言う。

「悔しいです」

 そして総合3位の羽生結弦もこう口にした。

「どっちかと言えば、悔しい気持ちのほうが強いです」

 フリーでは1位となった羽生だが、最後のトリプルサルコーが1回転になったことを、とことん悔いているようだった。

【次ページ】 母の死を乗り越えて優勝した浅田の演技にも後悔が。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
浅田真央
高橋大輔(フィギュア)
小塚崇彦
鈴木明子
村上佳菜子
羽生結弦
全日本フィギュアスケート選手権

ページトップ