SCORE CARDBACK NUMBER

中畑清は“演歌の心”で、
横浜を再生できるか。
~DeNA初代監督の理想~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/01/10 06:00

中畑清は“演歌の心”で、横浜を再生できるか。~DeNA初代監督の理想~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 監督を正式に受諾する前日、父親・辰雄さんの墓前に報告を済ませ、師と仰ぐ巨人・長嶋茂雄終身名誉監督を訪ねて、挨拶をした。義理と人情と礼節を重んじる中畑清が新球団・横浜DeNAベイスターズの初代監督に就任した。

 いきさつには紆余曲折があった。最初に声を掛けられたのは工藤公康だったが、「信頼関係が築けなかった」(高田繁GM)という理由で破談に。その後、策を弄しない真っ直ぐな男・中畑の起用が決まった。

 現役当時から“長嶋命”と公言していたが、実際は藤田元司の下で花開いて散った。'83年の日本シリーズでの中畑の打撃は今も脳裏に焼き付いている。第3戦、9回二死満塁の場面で、駒澤大の後輩・森繁和がストライクを取りにきた内角の直球を思い切りよく引っ張ってサヨナラ打。その後は外角球を狙い打って三塁打を2本放つ。“ゼッコウチョウ”の雄叫びばかりが目立つが、読みと思いきりを武器にしたチャンスに強いバッティングだった。

 現役最後となった'89年の日本シリーズでは、近鉄との第7戦に代打で登場。リリーフエース吉井理人からレフトに本塁打を放っている。「レギュラーを外れても率先してチームを引っ張ってくれたから」と藤田監督が与えてくれた“ご褒美”の打席をものにした。

データが重視される中、人の心を大切にする中畑野球。

 東京・世田谷の自宅で中畑から、長嶋巨人の伊東キャンプの話を聞いたことがある。最後の山登りを前に「さぁ元気に行こう」とハッパをかける長嶋に対し、大人しい篠塚和典が「オイ長嶋、自分だってやってみろ」と言ったという。

「“何を!”となったミスターが本気で登りだしたんだ。目を白黒させて、ゼイゼイ息を吐いて登り切ったとき、自然発生的に長嶋コールが起きたのよ。“ナ・ガ・シ・マ”ってね。この一体感こそが人の繋がり。俺は、ああいう指導者になりたいと思うよ」

 長嶋監督のもと、'93、'94年とコーチを務めるが、監督としては後輩の原辰徳に先を越されていた。満を持して引き受けた指揮官の座。データが重視される中で、人の心を大切にしようと考える中畑野球は少々、時代遅れかもしれない。日本の“ジャズの発祥の地”で、“演歌の心”が選手に伝わるのか。新生・横浜の将来が楽しみになってきた。

■関連コラム ► プロ野球新監督4人。采配がもっとも楽しみなのは? (言わせろ!ナンバー 結果レポート)
► 多摩川と伊東~「地獄」が育てた「純正巨人軍」~/特集 『ジャイアンツ、常勝帝国の新次元』 (09/07/24)

関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
中畑清
長嶋茂雄

ページトップ