NumberEYESBACK NUMBER

首脳陣の迷走によって
苦境に立つ男子バレー。
~ロンドン五輪への厳しい道程~ 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/01/07 08:00

全日本を率いて7年の植田監督。世界最終予選までに変革できるか

全日本を率いて7年の植田監督。世界最終予選までに変革できるか

 12月4日に閉幕したワールドカップバレーボール2011。全日本男子は2勝9敗の全12チーム中10位、'99年と並ぶ過去最低の順位で大会を終えた。2012年6月に開催される世界最終予選でロンドン五輪の出場権をねらうが、このままでは極めて厳しい戦いが待っているだろう。

 しかし、今大会の2勝9敗という成績が本当に全日本男子の実力なのだろうか。全日本男子は'11年8月、約3週間をかけて南米で合宿と練習試合を行なった。その直後、対戦したブラジルとアルゼンチンの戦いぶりに触発された植田辰哉監督は突然、「攻撃をより高速化すること」を打ち出す。セッターの手をボールが離れてから、アタッカーが打つまでの時間を、世界でも例のない0.7~0.8秒に設定し、コンビネーションの練習に多くの時間を費やした。

W杯開幕直前の方針転換によって生まれた選手の「迷い」。

 しかし9月のアジア選手権は準決勝にも進めずに5位で大会を終える。スピードにとらわれ過ぎた結果、トスは低く、粗くなり、アタッカーが本来持っていた高さやパワー、相手の守備陣形を見てスパイクを打つ技術が全く生かせなくなってしまった。

 ワールドカップ開幕直前になって「スピードより各アタッカーの能力を生かす方が大事」(植田監督)と慌てて方向転換を図ったが、けっきょく本番までに修正することができなかった。スピード化にこだわった弊害は大きく、'08年、北京五輪出場の立役者となった石島雄介や、'09年のグランドチャンピオンズカップ3位の原動力である清水邦広からは、スケールの大きさを感じさせるプレーがすっかり消え失せていた。

 ワールドカップでの逆転負けの多さについて、植田監督は「選手のメンタルのスタミナに問題がある」と語っている。もちろん、敗因はひとつではない。しかし、オリンピック予選を目前にして無謀ともいえる戦略の変更を決行し、アジア選手権という本来なら手応えをつかんで弾みをつけたかった大会では惨敗。選手は自信を失ったままワールドカップに臨まなければならなかった。選手のこうした「迷い」が、リードしていてもミスを連発し、競った試合を取り切れなかった最大の原因だとは考えられないだろうか。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「けっきょく高速バレーって何だったんですかね……」

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ