ベースボール・ダンディBACK NUMBER

ガイエルに続くオモシロ外国人は、
中日のセサルで決まり? 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/03/30 12:00

ガイエルに続くオモシロ外国人は、中日のセサルで決まり?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 ヤクルトの“魔将”ことアーロン・ガイエルは開幕から期待を裏切らない。公式戦初のビデオ判定は、この不思議なカナディアンの打球を巡ってのことだった。

 3月27日の巨人戦の9回、センターの頭上を越えてバックスクリーンへ打ち込んだガイエルの打球が、跳ね返ってグラウンドに戻ってくる。一度はフェンス上部に当たったとして二塁打の扱いを受けるも、今季から導入されたビデオ判定により、ホームランの認定。審判の協議の間、二塁ベース上でおあずけを食った形のガイエルは、この判定を受けてゆっくりと笑顔でホームインした。

期待に違わず開幕早々ガイエル祭りが始まった!!

 それにしても、やはり第一号はこの外国人だったかと、楽しくて仕方がない。ガイエルにまつわる都市伝説の数々――なぜか守備の名手がガイエルの打球に限って失策をするとか、1イニング2死球とか、ショート頭上のフライでランニングホームランとか、彼の周辺で不思議なプレーが多発するため、「謎の力で空間を歪めている」と一部好事家の間で評判になっていること――は以前にも紹介したが、この打球も、テレビ中継の解説者は「フェンスの手すりの線が一瞬消えましたから、打球は手すりの前を通ったように見えますね」と、VTR映像を確認しながら話していた。

 ホーム側から見て、ホームランなのにボールがフェンスの手すりの前を横切ったとすれば、これは超魔術だろうし、映ってはいけないものが映っている心霊写真なみのマジカルワールドだ。判定の真偽はともかく、そもそもそんな紛らわしい打球を開幕早々打ってしまう、この打者の持つ星というか、ネタぢからに感服する。

 開幕3連戦ではビデオ判定のほかにも、押し出しデッドボールを含む2死球や、相手の悪送球を誘う平凡な内野ゴロなど、ガイエルの得意技連発だった。ガイエルの体に吸い寄せられるように曲がって当たるデッドボールを目の当たりにすると、空間を歪めるという噂はもはやネタではなく、リアルなノンフィクションなのだと思わずにはいられない。

今季注目の新外国人選手ディオニス・セサルは万能選手。

 もうひとり、個人的に注目している新外国人選手がいる。中日ドラゴンズの新戦力ディオニス・セサルだ。その楽しいキャラクターを、ざっとまとめてみよう。

 ドミニカ共和国出身。2009年メキシカンリーグで3割8分を打ち、首位打者に。盗塁王にも輝き、MVPを獲得。内外野どこでも守れる器用なスイッチヒッターという触れ込みで、落合監督もその打撃センスを高く評価する。

 しかし、いざオープン戦が始まると凡打の山。オープン戦の打率は1割1分台で、規定打席中、最下位を独走。それでも本人は「首位打者と盗塁王を獲りたい」と陽気に語る。

 日本での生活を聞かれて、「日本食も大丈夫。好きな日本食は焼肉とチャーハン」と答える。それはどっちも日本食じゃないぞ、というツッコミが全国各地から飛ぶ。

【次ページ】 開幕わずか3試合で評価が急激に上下するセサル。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ディオニス・セサル
アーロン・ガイエル
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ

ページトップ