野球クロスロードBACK NUMBER

DeNA監督就任報道、実は当て馬!?
過熱する報道と工藤公康の本音。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2011/12/01 10:30

DeNA監督就任報道、実は当て馬!?過熱する報道と工藤公康の本音。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

この冬、少年野球教室に参加した時の工藤公康。様々な憶測記事が流れているが、本人はその去就をハッキリさせたわけではない

「まだ下の喫茶店に(記者たちが)いると思うよ。午前中にも話したはずなんだけどね。話っていっても、『正式に依頼が来ていないので何も言えませんよ』としか答えられないけど」

 数日前、横浜市内の施設でトレーニングをしていた工藤公康は、記者に応対する日々に辟易した様子を見せながら、そう呟いた。

 昨シーズン終盤に西武から戦力外通告を受け迎えた今年は、29年間のプロ野球生活の疲れを取る意味も込め充電期間に当てていたが、「国内球団で現役を続ける気持ちはない。ならば……」と、6月にメジャーリーグ挑戦を表明。肘や肩のケアをしながら本格的にトレーニングに励んでいた矢先、工藤のもとに思いもよらぬ報道が飛び込んでくる。

「パパ、すごいよ! 日刊スポーツの一面に出てる」

 <横浜DeNA工藤監督 参入実現なら最有力>

 横浜ベイスターズの親会社であるTBSホールディングスと球団譲渡で合意したとされる交流サイト大手のDeNAが、次期監督の最有力候補として工藤を挙げていると、11月22日付のスポーツ紙が一面で報じた。

 その記事を読み、事態をうまく飲み込めず目を丸くしたと本人は語る。

「朝の犬の散歩から帰ってきたら、かあちゃん(雅子夫人)から『パパ、すごいよ! 日刊スポーツの一面に出てる』と言われて。何の話題だろう? と思ったら、監督就任だって。自分の知っている報道だと、桑田(真澄)とか新庄(剛志)とか、人気があってお客さんが呼べる人間が候補だって言われていたけど。驚いたっていうか、(報道の真意が)よく分からない」

一人歩きしはじめた、「工藤新監督」とその野球論。

 この日を境に、「工藤新監督」の報道は一気に過熱する。

 報道に対し、「光栄です」と率直に感想を述べると「監督要請を内諾」と誇張され、現役続行の意思に際し左肩の不調を述べると、「現役引退を示唆」と書かれる。阪神を戦力外になった下柳剛や横浜入団の可能性が浮上した巨人・ラミレスの去就について「力が必要」と答えれば、あたかも新監督として興味を抱いたといった体裁で記事にされてしまう。彼にとって、それらはあくまでも個人的な意見にすぎないのだ。

 本人ですら現状を把握していないのに、記者から「次期監督」としてチームの動向を尋ねられる。このようなアンバランスな日々が続けば、いくらリップサービスに定評がある工藤といえど辟易するのも無理はない。

【次ページ】 工藤は当て馬!? DeNAからの要請はまだ一切なし。

1 2 3 NEXT
工藤公康

ページトップ