詳説日本野球研究BACK NUMBER

投打のNo.1は甲子園の経験無し!
今季ドラフトの傾向と対策 【高校生編】 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/23 08:01

投打のNo.1は甲子園の経験無し!今季ドラフトの傾向と対策 【高校生編】<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

宮崎日大の武田翔太は甲子園未出場ながらも、その素材は超高校級。187cmの長身から投げおろす最速151kmの直球が最大の武器だが、変化球も球の角度や球速を変えた3種類のカーブ、縦横2種類のスライダー、シュート、チェンジアップと多彩だ

► 【大学・社会人編】 “ビッグ3”藤岡・菅野・野村はどこへ?  はこちら

 日本高校野球連盟(高野連)はプロ入り希望の球児に義務づけた「プロ野球志望届」提出を、10月13日に締め切った。

 昨年は山下斐紹(捕手・習志野→ソフトバンク)、後藤駿太(外野手・前橋商→オリックス)、山田哲人(遊撃手・履正社→ヤクルト)と野手だけが1位指名されたが、今年は野手、投手に逸材が分散し、バランスがいい。早速、注目選手を紹介しよう。

 この中で1位指名が確実視されているのが、吉本祥二(足立学園)、釜田佳直(金沢)、松本竜也(英明)、武田翔太(宮崎日大)の投手陣と、野手の高橋周平(遊撃手・東海大甲府)の計5人だ。どんな選手なのか見ていこう。

今ドラフトの目玉は高校ナンバーワン投手の武田翔太だ!

 高校ナンバーワン投手は誰だと聞かれたら、躊躇なく「武田翔太!」と答える。

 何といっても投球フォームがいい。同じ1位候補でも、前肩(右投手なら左肩)の開きという部分では吉本に不満があり、反動を使うフォームという部分では釜田に不満があるが、武田と松本にはフォームに悪いところがない。投げる形がいい同士の松本と最速スピードをくらべれば武田が151キロ、松本が146キロだから、高校ナンバーワン投手は武田、という答えが導き出される。

 松本も万全のフォームを身につけている。

 武田にも通じるが、バックスイングのとき体を擦るように内側からヒジを上げ、このヒジを起点にして腕を振るタイプはストレートだけでなく、変化球にもキレがあるのが普通だ。松本は縦・横2種類のスライダーとシュート回転してから鋭く落ちるフォークボール、武田は縦・横2種類のスライダーとカーブ、カットボール、シュートを備え、いずれもキレとコントロールを備えている。左右ナンバーワン投手の称号を与えてもいいだろう。

 野手の1位候補にただ1人名前が挙げられているのが高橋周平だ。

 甲子園不出場でもアジアAAA選手権に選出され、全試合3番・遊撃手で出場し、木製バットで20打数10安打13打点と猛威を振るった。とくに評価されているのが決勝の韓国戦で放った一発。捕手寄りで捉えながら上から叩いて、横浜スタジアムの右中間に放り込んだ。

 以上、武田、松本、高橋に、大学・社会人の藤岡貴裕(投手・東洋大)、菅野智之(投手・東海大)、野村祐輔(投手・明大)、中後悠平(投手・近大)、伊藤隼太(外野手・慶大)、十亀剣(投手・JR東日本)の6人を加えた9人が1位指名の最有力候補で、残り3枠に入りそうなのが吉本、釜田の2人である。

【次ページ】 高校では勝ちきれなかった吉本祥二だが素質はピカイチ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
吉本祥二
釜田佳直
松本竜也
武田翔太
高橋周平
足立学園
金沢
英明
宮崎日大
東海大甲府
ドラフト会議

ページトップ