プロ野球亭日乗BACK NUMBER

炯眼の勝負師・落合博満監督に、
ただひとつ足りなかったもの。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/10/04 10:30

炯眼の勝負師・落合博満監督に、ただひとつ足りなかったもの。<Number Web> photograph by KYODO

昨季までの7年間、中日の監督としてリーグ優勝3回、日本一1回の成績を収めた。後半好調の今シーズンも1位ヤクルトの背中を射程圏内にとらえている

 オークランド・アスレチックス・松井秀喜外野手の師といえば、いわずと知れた巨人の長嶋茂雄終身名誉監督である。

「いま自分がやろうとしているバッティングは、基本的には巨人時代に長嶋監督とやってきたことと同じなんです」

 メジャーに渡って9年、プロ生活20年になろうかという今でも、ミスターと二人三脚で追い求めた打撃の真髄を究めるために、松井は階段を登りつめているわけである。

 そのミスターとは別に、実は松井にはもう一人、“影の師”ともいえる存在がいる。

「理にかなっているけど難しかった。ようやく最近になって言っていたことが分かることがある」

 中日の落合博満監督である。

 プロ2年目の1994年、落合は中日からフリーエージェントで巨人に移籍してきた。それから日本ハムに移籍するまでの3年間、打者・松井は打者・落合から薫陶を受けたのだった。

「自分で考えろ」……選手時代も監督時代も同じ姿勢だった。

「当時は落合さんの言っていることの半分も理解できていなかった」

 松井は振り返る。

 普段はあまり何も言わない。たまに風呂場で顔を合わせたときに、問わず語りに落合がバッティング論を語りだす。ほとんど一方的に話す内容は、難しかった。

 そして――。

「まあ、その内に分かるから」

 最後はこう笑って、湯船から上がっていく。

 それが常だった。

「その後、自分でも色んなことを経験して、自分なりにバッティングというものを考えていったとき、『そういえば落合さんが言っていたなあ』ということがよくあったんです。あの当時の僕は、まだガキだったから落合さんの言っていることが難しすぎた。言葉の意味を半分も理解していないところもあった。でも、あのときに聞いた話は、いま思うとすごく理にかなったものだったと思います」

 松井は振り返る。

 これは落合という人物の本質を伝えるエピソードでもある。

 口下手と言えば口下手ではある。ただ、落合には相手が分かるまで、懇切丁寧に噛み砕いて説明しようなどという思いはない。

「自分で考えろ」

 そうしなければ成長はないということだ。

 監督になった落合も、本質は同じだった。

【次ページ】 ブランコの起用にみる、落合監督の類まれな洞察力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
落合博満
中日ドラゴンズ
松井秀喜
長嶋茂雄
トニ・ブランコ

ページトップ