SCORE CARDBACK NUMBER

甲子園の幻影を振り切り、
生まれ変わった菊池雄星。
~西武の救世主となるか?~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/04 08:00

8月18日の楽天戦で3勝目を挙げると、8月31日には地元・岩手県営野球場で凱旋登板。4失点でプロ初黒星も、2試合連続の完投で地元ファンに成長した姿を見せた

8月18日の楽天戦で3勝目を挙げると、8月31日には地元・岩手県営野球場で凱旋登板。4失点でプロ初黒星も、2試合連続の完投で地元ファンに成長した姿を見せた

 '01年、甲子園最速の158kmをマークした寺原隼人(オリックス)はこの夏、こんなことを話していた。「松坂(大輔)さんの記録を抜いてしまったことで球速にこだわりすぎて、成長が遅れたと思う」。この話を聞いて、'09年に左腕最速の154kmを叩き出した菊池雄星のことが思い出された。

 メジャーを含めて、20球団のオファーが殺到した菊池が比較されたのは、あの江夏豊だった。周囲は、即戦力として二桁勝利は当たり前と考えていた。期待が高まれば高まるほど、本人は辛かったはずだ。体力不足は明らかだった上、当時は背筋を痛めていた。海外へのこだわりを見せたのも、実はメジャー30球団の統一リハビリ法の存在を知った時からだった。

 結局、昨季は一軍登録もままならぬ状態で未勝利。そんな状況でも菊池は饒舌だったが、それは不安を隠すために思えてならなかった。渡辺久信監督は「PLや横浜と違って、田舎の高校生は鍛えられていない」と菊池を厳しく突き放した。

「今の菊池は立派なプロの投手だ」と渡辺監督も及第点。

「プロの世界は、小手先だけでかわせるほど甘くない」と、体力作りに取り組む必要性を実感した今年のキャンプが分岐点となった。“練習はウソをつかない”は使い古された言葉だが、それを誰よりも実感したのは、菊池ではなかったか。

 プロとアマの違いを知り、甲子園の幻影から解き放たれ、6月30日のオリックス戦で、プロ初勝利を挙げた。6回途中で降板したこともあってこの日は「まだ完投できる体力はありません」と反省していたが、8月11日の日ハム戦ではストレート中心の組み立てで2勝目。「一つ勝てたことで、こんなに周囲が見えるようになるんですネ」というのは偽らざる本音だったろう。8月18日の楽天戦は堂々たるピッチングだった。自責点1でプロ初の完投勝利。自分を飾る必要もなければ、見栄をはる必要もない。ありのままの自分を見せた。

 甲子園の輝きは、選手を必要以上に過大評価させてしまう。そこで自分を見失うのか、原点に戻ることができるかで、プロ野球人生が変わってくる。菊池は、一度はプロの壁にはね返されたが、甲子園の自分を忘れることができたときから、西武の菊池に生まれ変わった。

 渡辺監督も「今の菊池は立派なプロの投手だ」と初めて及第点を出した。

■関連コラム ► プロ初勝利は伝説の始まりとなるか? “異能の投手”菊池雄星、東北への夢。
► “150キロ超”投手がアマで急増? 速球派幻想に苦しむ若手投手たち。

ページトップ