オリンピックへの道BACK NUMBER

フィギュア慈善公演で東北に元気を。
被災地に届いた羽生結弦の真心。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2011/08/01 10:30

フィギュア慈善公演で東北に元気を。被災地に届いた羽生結弦の真心。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

自らも被災した仙台市出身の羽生。4日間の避難所生活も経験した

 7月27日、青森県八戸市の新井田インドアリンクで、フィギュアスケーターたちによるショー「THE ICE」が開催された。

 東日本大震災のチャリティー公演として行なわれ、青森、岩手、宮城各県から、仮設住宅などで生活を送る1400名の被災者を無料招待。あわせて、3県の136名の子どもたちへのスケート教室も実施した。

 ショーには、浅田真央、小塚崇彦、村上佳菜子、海外からはトリノ五輪銅メダルのジェフリー・バトル、バンクーバー五輪銅メダルのジョアニー・ロシェットらが参加。浅田と小塚がペアとなって滑るなど、ショーならではの演出で盛り上げた。

 ショーのテーマは「東北に元気を」。出場した選手たちの演技はそれぞれに印象的だった。

 その中でも、強く印象に残るスケーターの一人は、羽生結弦だった。

 今シーズンのフリーのプログラム「ロミオとジュリエット」の後半部分をミスなく演じ終えて大きな拍手を浴びた羽生は、小塚らとのコラボレーションを披露するなど、たびたびリンクの上に登場。

 ショーの半ばでは、ときに言葉につまりながら、被災した人々へのメッセージを語った。

「グランドフィナーレ」では、他の出演者が退場してもなお拍手を続ける観客にこたえるため、ただ一人リンクの上に戻り、鮮やかなジャンプを決めて喝采を浴びた。

 どの姿からも、ひときわ真情が感じられた。

仙台のリンクで大震災に直面した羽生の被災者への思い。

 羽生は、仙台のリンクを拠点に活動してきた選手だ。3月11日の当日も、仙台のリンクで練習している最中だった。そのときの心境を、羽生はこのように言葉にしている。

「人間の無力さ、街が崩壊する悔しさを感じました」

 短期間ではあるが避難所で生活した時期もある。リンクも使用不可能となった。

 さまがわりした周囲のありさまに、競技を行なうことを思い悩んだ瞬間もあったという。だが、「自分にはフィギュアスケートを精いっぱいやることしかない」と心に決め、ショーが行なわれた新井田リンクなどで練習に取り組んできただけに、より、気合いが入ったかもしれない。

「自分自身、被災した方々への思いがすごい強かった。その思いを演技に組み込んで伝えられました」

 終演後の言葉である。

【次ページ】 スポーツに打ち込む高校生たちに見てとれる震災の爪痕。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
羽生結弦

ページトップ