SCORE CARDBACK NUMBER

メジャー2年目、薮田安彦が
自信を掴んだ渾身の一球。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/09/18 06:00

今季はマイナー26試合で45回2/3を投げ、防御率3.55。投球回数を上回る53三振を奪った

今季はマイナー26試合で45回2/3を投げ、防御率3.55。投球回数を上回る53三振を奪った

 それは本当に美しい軌道だった。右打者に対する外角低めへの直球が、キャッチャーミットに見事におさまる。変化球を要求した捕手に首を振り、強い意志を込めて投げた一球。ロイヤルズの藪田安彦は、この球をずっと追い求めて闘ってきたのかもしれない。

 メジャー久々のマウンドは8月29日のマリナーズ戦7回。11カ月ぶりの登板は三者凡退と完璧だった。「今年はマイナースタートだったけど、下でやってきたことを上でもできたんじゃないかなと」。メジャー挑戦2年目、オプションこそあるが契約は最終年だ。2年間の約半分をマイナーで過ごしつつ、先行き見えない中で模索し続けたのは低めへの制球力。この日の試合前、そう明かしてくれていた。

日米のマウンドの違いが藪田の制球を乱した。

「マウンドの固さに悩まされていました。自分では低めに放っているつもりが、思ったより高めに浮いてしまっていたんです」。1年目の昨季、主審が日本以上に低めをとると感じた。だから低めを意識したが、イメージ通りの軌道を描くことができない。土が柔らかい日本では、中継ぎの藪田が登板するときにはマウンドがすでに掘れている状態。だから体重が前に乗りやすかったが、土が固い米国では突っ立ったままで投げることになり、リリース位置が高くなってしまっていた。

 ボールが高めに浮く。低めに投げても体全体ではなく手先で放る感覚になり、自分のイメージした軌道にならない。どうすれば自分の体重が前に乗りやすくなるか、どうすれば指先からボールに力が伝わるか。それを突き詰めて昨オフのトレーニングに臨み、今季開幕から続いたマイナー暮らしで確かな手ごたえをつかんだ。「(制球に苦しんだ)去年はどうしてもフォークやチェンジアップに頼らざるを得なかったけど、今年は真っ直ぐで攻めていく形が出来ている。マイナーでも最後は外の真っ直ぐで三振っていうケースが多かったので、同じような攻め方で今日はいきました」と渾身の外角低め、見逃し三振を振り返った。

メジャー昇格5日前、早朝の電話に「解雇か?」と。

 5日前にメジャーに昇格したばかり。早朝の突然の電話に「どっちか分からなかった」とリリースも頭をよぎったという。'07年に38ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手を受賞したロッテ時代の感覚を再び手にした藪田。遠回りしたその軌跡は、決して無駄ではなかった。

■関連コラム► 米国でチャンスを探す日本人たち。~三澤興一、竹岡和宏の挑戦~ (2009年2月5日)
► 弱小チームを蘇らせた、“ヒルマンイズム”。 (2008年5月1日)

ページトップ