プレスリリースBACK NUMBER

日本最大級のポロシャツのサイズ展開!着丈・シェイプが選べる全112通りのポロシャツ“FABRIC TOKYO POLO SHIRT 2019”販売開始。

posted2019/05/21 00:00

 

リリース発行企業:株式会社FABRIC TOKYO

日本最大級のポロシャツのサイズ展開!着丈・シェイプが選べる全112通りのポロシャツ“FABRIC TOKYO POLO SHIRT 2019”販売開始。

2019年5月21日より販売開始。

Fit Your Lifeをブランドコンセプトに掲げる、オーダースーツECサービス『FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)』 (代表取締役:森 雄一郎) は、POLO SHIRT 2019の完全受注販売を開始、自動のサイズマッチング × 完全受注生産型のビジネスポロシャツでは、日本初(※2019年5月現在、自社調べ。)の試みとなります。



オーダーメイドのビジネスウェアを展開するFABRIC TOKYOとして、今回ビジネスウェアのポロシャツとしては日本最大級となる全28のサイズラインナップをご用意、お客様のサイズデータを多数保有するFABRIC TOKYOだからこそできるサイズマッチング技術を活用してお客様のサイズを自動で特定、着丈とシェイプはお好みのものをお選び頂けるオンラインでのお買い物体験を実現しました。自動のサイズマッチングと、完全受注生産を掛け合わせたビジネスポロシャツの販売は、2019年5月時点での当社調べで日本初となります。生地とデザインは、1,000名を超えるビジネスパーソンを対象に実施したポロシャツのアンケート結果を元に、ビジネスパーソンが本当に求めるポロシャツのあり方を追求、この夏、何も考えずに着られる「いい感じ」のポロシャツが完成しました。

■合計1,004名を対象にアンケートを実施。ビジネスパーソンの願いを詰め込んだPOLO SHIRT 2019


FABRIC TOKYOのビジネスモデルは、D2C (Direct to Consumer) の元で成り立っています。D2Cとは、自社で企画・製造した商品を直接自社のECサイトで販売、生産から発送までを一括して管理すること指し、これによって良いものを適正な価格でお客さまへ直接お届けすることができます。
今回、ビジネスパーソンの夏の定番であるポロシャツづくりに取り組むにあたり、お客様との直接的な関わりを持つそうしたD2Cの強みを活かし、2019年2月から4月にかけてメールでの顧客アンケート、SNSでのこだわりポイントの投票、個別ユーザーヒアリングを実施しました。全1,004名のビジネスパーソンの声から浮かび上がってきたのは、この夏に求められるポロシャツの理想の姿。ビジネスシーンで着用するためのポロシャツとしては、好印象を持たれるきちんと感を最重要視、生地にはお手入れの気軽さと耐久性を求める方が多いという事が分かりました。


(写真:2019年4月に実施したポロシャツのユーザーヒアリングの様子)
こうしたヒアリングやアンケートから出てきた声をベースとしながらポロシャツづくりを進め、完成したのが「POLO SHIRT 2019」です。従来のアパレルのものづくりでは、通常半年から1年かかると言われる商品開発から販売までのリードタイムですが、お客様と工場、両者と日々直接コミュニケーションをとるFABRIC TOKYOだからこそできるクイックなスケジュール感で、ビジネスパーソンの“今”の声をリアルに活かしたポロシャツづくりを実現させることができました。年々暑くなる日本の夏、忙しく働くビジネスマンが全力で仕事に打ち込めるよう、FABRIC TOKYOはポロシャツを通してエールを送ります。


POLO SHIRT 2019の購入はこちらから: https://fabric-tokyo.com/polo2019


■全28通り、日本最大級のサイズラインナップでオーダーメイドの考え方をポロシャツにも。


今回のPOLO SHIRT 2019は、FABRIC TOKYOがこれまで蓄積してきた数万件の採寸データを活用し、ポロシャツ用にサイズマッチングの技術を独自システムとして開発しました。FABRIC TOKYOの採寸データさえあれば、自動であなたに最適のポロシャツのサイズをご提案し、着丈やシェイプなどお客様の好みによって変わるデザインの部分は、ご自身で選択頂けるような仕組みになっています。(POLO SHIRT2019は、FABRIC TOKYOの店舗で採寸データを登録している方のみご購入いただけます。)サイズは全部で7つ、その中から2種類の着丈・2種類のシェイプ・4種類の色味の中からお好きなものを選択すると、全部で112通りのラインナップの中からあなたの欲しいポロシャツをつくることが可能です。自動のサイズマッチングと、完全受注生産を掛け合わせたビジネスポロシャツの販売は、2019年5月時点での当社調べで日本初となります。


POLO SHIRT 2019の購入はこちらから: https://fabric-tokyo.com/polo2019


■FABRIC TOKYO POLO SHIRT 2019 商品詳細





商品名:POLO SHIRT 2019
金額:8,900円(税込)
サイズ展開:XS, S, M, L, XL, 2XL, 3XL 全7種類
着丈:通常/長め 全2種類
シェイプ:ストレート/タイト 全2種類
色:ホワイト / ブラック / ネイビー / グレー 全4種類
販売URL:https://fabric-tokyo.com/polo2019

※POLO SHIRT2019は、FABRIC TOKYOの店舗で採寸頂いたデータがないとご購入頂けません。ご購入を希望されていて採寸がまだの方は、まずご来店からお願いします。採寸のみはどなたも無料です。来店予約はこちらから→ https://fabric-tokyo.com/pages/stores
※余剰在庫を持たないサスティナブルなものづくりのために、完全受注生産で販売しております。ご注文日からお届けまで30日程度かかりますので、早めのご購入をお勧めします。納期短縮の対応については今後も社を挙げて善処して参ります。

■2019年完全保存版!数字で見るポロシャツのリアル -1,004名のビジネスパーソンに聞きました!-

1.ポロシャツ着用が許可された企業の割合:70%。
- クールビズの浸透により、アンケート回答者の全ビジネスパーソン1,004名のうち約70%の方の所属企業がポロシャツ着用を許可しているという事実が見えてきました。また、許可されていない30%のビジネスパーソンのうち約60%は、「本当はオフィスでポロシャツを着用したい...」という秘めた願望を持つことが分かりました。

2.ポロシャツ1枚にかける購入金額、過半数以上が5,000円以上と回答。
- 様々な価格帯のポロシャツが販売される中、ビジネスパーソンがポロシャツ1着にかける購入金額として、59%の方が¥5,000以上と回答しました。¥10,000以上と回答する方も13%おり、オフィスシーンで着用するポロシャツは、クオリティやブランドなど自身のごだわりを重視する方が多い傾向にあるようです。

3.1人当たりのポロシャツ平均保有数、2.9着。
- ビジネスパーソン1人あたりが保有するポロシャツの平均は2.9着、約3着のポロシャツを毎年着回しているという結果が分かりました。さらに、全回答者のうち、5人に1人に当たる20%が「ポロシャツの保有数5着以上」と回答。夏場は毎日ポロシャツで通勤される方もいるようです。



POLO SHIRT 2019の購入はこちらから: https://fabric-tokyo.com/polo2019


■完全受注生産で、余剰在庫を持たないサスティナブルなポロシャツづくりを
FABRIC TOKYOは、目先の利益や需要だけを追うのではなく、持続可能な未来を実現する企業でありたいと考えています。大量生産・大量消費の中で成長してきた従来のアパレル産業は、在庫を抱えることを前提に一度に大量な商品数を生産してきましたが、今後は必要数を効率よく生産し、環境への負荷を最小限に抑えることがアパレル業界の使命だと言われています。今回のPOLO SHIRT2019でも、サイズマッチングという技術を活用し、サスティナビリティというポリシーの実現のためオーダースーツ同様完全受注生産で製作します。注文を頂いてからの製作となるため、お届けまでに少々お時間を頂きますが、袖を通すたびに気持ちのいい、環境にも配慮したこの製作プロセスに賛同頂けるお客様に、ご着用頂けることを願っています。

POLO SHIRT 2019の購入はこちらから: https://fabric-tokyo.com/polo2019


■FABRIC TOKYOが大切にする3つのこと

1.テクノロジー ~最高の品質を、適正な価格で~
アパレルの販売・生産において、大胆にテクノロジーを取り入れました。お気に入りのスタイルやサイズデータをWEB上で管理でき、だれもが簡単にオンラインで体にフィットした洋服を購入することができます。また、独自のシステムによってオーダー情報を即時に工場に届けることができます。ファクトリーダイレクトでお客さまと生産者である工場を結びつけ、最高の品質を適正価格で届けます。

2.トレーサビリティ ~いいものへのこだわりを、オープンに~
普段は決して知ることのない洋服の素材や原料のこと、生産地のこと、流通のこと。それをお客さまに伝えていくことを一つの使命としています。中間流通を介さず、自社で一つ一つ生産者と提携することと、それを包み隠さず伝えるトレーサビリティ(透明性)を重んじ、世の中の情報をよりオープンにしていきます。

3.サステナビリティ ~未来へつながる暮らしのために~
持続しない事業に意味はありません。サステナビリティ(持続可能性)において、先進的な取り組みを行うアパレル企業を目指します。わたしたちは誰もが洋服を毎日着ています。それだけ、一人ひとりの影響力が絶大なのです。アパレル業界から持続可能な社会をつくることを続けていきます。

■FABRIC TOKYOとは



理論上10億通り以上の組み合わせの中から作れるスーツは、仲介業者をはさまずに各工場と直接取引をすることで、良質なオーダースーツを3万円台という適正価格で販売することを実現させています。さらに採寸したサイズデータはパーソナルデータとしてクラウド上に保存されるため、1度の来店で採寸を行った後からは自宅に居ながらいつでもどこでも、あなただけのオーダースーツを気軽に注文できます。現在都内に8店舗・横浜に1店舗を構え、都心部在住の日々忙しく働くビジネスマンを中心にご利用頂いておましたが、2019年4月に大阪梅田へ関西初進出が決定、今年は全国網羅的な店舗展開を計画しており、より多くのお客様にご利用頂けるようサービスを拡大していきたいと考えています。

・公式Twitter : https://twitter.com/fabric_tokyo
・公式Instagram : https://www.instagram.com/fabric_tokyo/

メディア各位様へ:写真素材はこちらからダウンロードお願いいたします。
https://drive.google.com/drive/folders/0BzAJ0OFPBIHiRDZmUzJmaWpnM1E

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

提供:PR TIMES

ページトップ