岡田ジャパンの守備的戦術は継続するべきか?

100件目を表示 / 全136

  • 2002年~の迷走ぶりを考えると、今大会で一定の結果を残した守備戦術は継続するべきと考える。
    ただし、プレスをかける位置、攻撃の際の1トップとの開きすぎた距離などに関しては修正の余地がある。
    次期日本代表監督には、現在の守備戦術+αを望める監督を希望する。

    みっちーさん2010/07/08 00:36に投稿

    1
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ