甲子園大会の投手への負担軽減策、何が望ましいと思う?

25件目を表示 / 全27

  • 単に球数制限をするだけでなく、甲子園の都道府県対抗化してみてはどうか。
    都市対抗を参考に代表校は都道府県(北海道・東京は2つだが)等の代表校とし、補強選手(例えば投手2~3人、野手1~2人)を連れて行くことができるようにする。
    登録人数も21人程度(従来の18人+補強3人)とすれば、各都道府県優勝校の立場も守ることができるし、地域代表という意味合いも変わらない。
    部員確保しづらい学校もあり、都道府県単位での球数制限の導入は難しいが、代表校になれば酷使対策になると考えるがいかがだろうか。

    ラミーおやじさん2018/09/01 00:09に投稿

    0
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ