2015年の野球界、最も印象に残った出来事は?

3件目を表示 / 全14

  • 「衝撃」という点では野球賭博でしたが、今年は一世を飾ったベテランの引退が相次いだことといくらかその引退の仕方にすっきりしないものを感じたことが印象的ですね。

    現役続行、自主トレを示唆していた高橋由伸「選手」が、数日後には「監督」就任会見をしたこと。それに続く井端選手の突然の引退。
    山本昌投手の引退がCS進出をかけた相手チーム本拠の最終戦になった一方で、西口投手の引退は一軍に登録すらされなかったこと。
    2000本安打を達成し今年も打率3割を残していた和田選手の引退。

    タイミング的に仕方ない、やむを得ない部分も多分にあったとは思うのですが、実績ある選手が引き際を自ら定めてというよりは、周りに翻弄されて仕方なく現役を退かざるを得なかった…というようなのが例年よりも多いように感じてしまったのは、自分だけが穿った見方をしてしまっているのでしょうか。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/12/28 23:38に投稿

    1
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ