本田圭佑、代表におけるベストポジションは?

12件目を表示 / 全46

  • 「その他」はできるだけ避けたいので、3つの中から選ぶとすればトップ下か。

    現状でFWは苦しい。 W杯を見れば分かるが、70分を過ぎると運動量が大きく低下している。
    特に1トップの場合は周囲のサポートがなければ一発に期待する他ない。
    W杯では、1トップというよりも 0トップ という言い方が相応しいだろう。

    トップ下はこの中では特に生きる。 彼は自分が生きつつ、周囲と連動することに長けている。
    彼がボールを持つ=仕掛けるというサインにもなる。

    ボランチは.まだ代表で見ることがないので×としか言えない。
    クラブで結果を残している=代表で結果を残す。 これは イコール ではない。
    さらに、ボランチに求められるのは攻守両面の働き。 それに比例するスタミナ。冷静な判断力も必要だ。
    それを考えると、今の彼には代表でボランチとして動くことは難しいのではないだろうか。

    たかちんさん2010/09/09 23:48に投稿

    18
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ