21世紀のスポーツマンガ、あなたのマイベストは?

12件目を表示 / 全33


  • 「GIANT KILLING」とどちらを選ぶかで迷いましたが、「ダイヤのA」で。

    主人公の沢村 栄純が、「ドカベン」の山田太郎や「MAJOR」の茂野吾郎の様な、怪物的な能力を持った選手では無く、また、強豪校へ野球留学した選手の状況を丁寧に描いている事が(、少なくとも私が読んだ中で、)今までの高校野球を描いた漫画に無い視点であり、細かく描かれた選手のエピソードやストーリーとも相まって、素晴らしい作品になっている、と思います。

    一番印象に残っている試合は、明川学園との西東京大会4回戦。
    明川学園のメンバーが、台湾からの留学生である楊 舜臣を何とか勝たせたい(高野連の規則により、楊は3年夏の大会に出場出来ない為、この大会が楊にとって最後の夏の大会)、とメンバーが結束して、青道高校に立ち向かう姿が印象的でした。

    ちょくさん2013/12/26 07:35に投稿

    3
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ