平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

10件目を表示 / 全47

  • 生で見ていたわけではないのですが、アドマイヤベガが勝ったダービーがレースとしては一番面白かったと思います。
    皐月賞馬として最初に仕掛けて抜け出したテイエムオペラオー、それを目標にして襲い掛かった1番人気のナリタトップロードが思惑通りにかわして先頭に立つも、更に仕掛けを待ったアドマイヤベガがゴール前で見事に差しきる完璧なレースでした。

    母ベガから競走能力だけでなく体質の弱さも受け継いでしまい、順調に使うことが殆どできなかったアドマイヤベガを何とか仕上げた陣営の苦労を実らせたのは、他の2人の若い騎手が勝ちに焦ってしまう中、勇気を持って仕掛けを遅らせた武豊騎手の騎乗は本当に素晴らしいものでした。
    こうして振り返ってみると、馬を動かす腕っぷしではなく、このように「騎手の腕」を感じさせるレースが最近はあまり見られなくなった気がするので、武豊騎手にはこれからも頑張っていってほしいと思います。

    rogerさん2013/05/14 23:12に投稿

    7
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ