高校野球、甲子園での「球数制限」を導入すべきか?

42件目を表示 / 全60

  • 球数制限をするなら、練習から甲子園に至るまでの全てにするべき。
    そうすると選手層が勝負を左右する可能性が高く…越境進学や野球留学が常態化している今、更に格差拡大になりそう。

    例えば日程を少し伸ばしてメディカルチェックも頻繁にする。夏の甲子園が予選から最大で1カ月強の連戦というのは過酷、予選期間も伸ばす。ただ冬の花園やサッカー選手権もかなりの連戦なので、野球のみでなく他のスポーツにも導入しないと不公平では。時期変更は授業休む可能性大だし教育上どうか。阪神球団も日程延長に協力すべき。
    または補欠制度の導入。メディカルチェックで教育上辞退・断念が望ましい場合に補欠校・敗北校に託す。判断は高野連・学校・チーム・本人が相談、それでも意思が固く強行出場の時は経緯も公表したり出場時間制限したり。
    大人のビジネスの都合だけを優先せずに改善策を検討して欲しいが、それに固執せず選手の意思も汲めるルールを。

    するのは苦手見るのは得意さん2013/04/09 00:25に投稿

    1
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ