記事に戻る

貴乃花の口から出血、5針縫うツッパリ連打…高校時代は「負けると壁を叩き、モンゴル語で吠えた」朝青龍が“無敵の悪役”横綱になるまで―2022下半期 BEST5

2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? / photograph by BUNGEISHUNJU 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©Getty Images 写真は同じ2001年5月場所での横綱・貴乃花vs朝青龍。果敢に突っ込んでいった朝青龍だったが押し出しで敗れる ©JIJI PRESS 1998年のインターハイ相撲競技。個人戦で出場した明徳義塾高のドルゴルスレン・ダグワドルジ(朝青龍) ©KYODO 1998年のインターハイで朝青龍と出会った永井明慶。現在は千葉県柏市で少年相撲クラブ『柏力会』の監督を務める 当時の資料写真。1998年のインターハイ・高知県代表の3人、右がダグワドルジ(朝青龍)。左が宿毛高の池浦亮 当時の資料写真。1998年のインターハイ、ダグワドルジ(朝青龍、右端)は初出場ながら個人戦で3位になった 写真は2002年秋場所の貴乃花vs朝青龍。本場所では2度目の対戦、やはり貴乃花が勝利し、朝青龍は「ケガしてる足を蹴ればよかった」と発言 ©KYODO 1998年、ダグワドルジ(朝青龍)が新弟子検査を受ける1カ月前の貴重な1枚。2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©JIJI PRESS 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU 元幕内・春日王の金成澤(キム・ソンテク)。朝青龍とは相撲教習所で出会った。「私が腕立てを110回やったら隣で200回やるんです」 1999年1月、初場所での新弟子検査。難なくクリアし、若松部屋に入門したモンゴル出身のダグワドルジ(朝青龍) ©KYODO 元三段目・男女ノ里、岡田泰之。のちに朝青龍の付け人に ©Getty Images 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU ビャンバスレン(現関脇・豊昇龍)は2017年11月に新弟子検査を受検。朝青龍にとっては実兄の子ども(次男)にあたる ©KYODO 朝青龍が引退会見で「一番の思い出」と語った、武蔵丸戦での対横綱初勝利(2001年夏場所初日) ©KYODO ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか?(photograph by BUNGEISHUNJU)

2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? / photograph by BUNGEISHUNJU 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©Getty Images 写真は同じ2001年5月場所での横綱・貴乃花vs朝青龍。果敢に突っ込んでいった朝青龍だったが押し出しで敗れる ©JIJI PRESS 1998年のインターハイ相撲競技。個人戦で出場した明徳義塾高のドルゴルスレン・ダグワドルジ(朝青龍) ©KYODO 1998年のインターハイで朝青龍と出会った永井明慶。現在は千葉県柏市で少年相撲クラブ『柏力会』の監督を務める 当時の資料写真。1998年のインターハイ・高知県代表の3人、右がダグワドルジ(朝青龍)。左が宿毛高の池浦亮 当時の資料写真。1998年のインターハイ、ダグワドルジ(朝青龍、右端)は初出場ながら個人戦で3位になった 写真は2002年秋場所の貴乃花vs朝青龍。本場所では2度目の対戦、やはり貴乃花が勝利し、朝青龍は「ケガしてる足を蹴ればよかった」と発言 ©KYODO 1998年、ダグワドルジ(朝青龍)が新弟子検査を受ける1カ月前の貴重な1枚。2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©JIJI PRESS 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU 元幕内・春日王の金成澤(キム・ソンテク)。朝青龍とは相撲教習所で出会った。「私が腕立てを110回やったら隣で200回やるんです」 1999年1月、初場所での新弟子検査。難なくクリアし、若松部屋に入門したモンゴル出身のダグワドルジ(朝青龍) ©KYODO 元三段目・男女ノ里、岡田泰之。のちに朝青龍の付け人に ©Getty Images 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU 2010年1月場所で25度目の優勝を果たし、翌月に不祥事で現役引退。横綱・朝青龍とは何者だったのか? ©BUNGEISHUNJU ビャンバスレン(現関脇・豊昇龍)は2017年11月に新弟子検査を受検。朝青龍にとっては実兄の子ども(次男)にあたる ©KYODO 朝青龍が引退会見で「一番の思い出」と語った、武蔵丸戦での対横綱初勝利(2001年夏場所初日) ©KYODO ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

ページトップ