記事に戻る

「甲子園772球の剛腕」安樂智大が平均143キロ“技巧派”に変身…「それ、わかるなぁ」松坂大輔の助言が24歳を救った

4月3日のオリックス戦5回から登板し、今季初勝利を挙げた楽天・安樂智大 / photograph by KYODO 13年のセンバツに出場。決勝までの5試合で772球を投げた安樂智大。準優勝の立役者になったが「投げすぎ」を問題にする声も出た ©KYODO 「平成の怪物」と注目され、98年高3のセンバツ、夏の甲子園と優勝した横浜高時代の松坂大輔 ©BUNGEISHUNJU 「平成の怪物」と注目され、98年高3のセンバツ、夏の甲子園と優勝した横浜高時代の松坂大輔 ©BUNGEISHUNJU 98年夏の決勝(京都成章戦)では史上2人目となる決勝戦でのノーヒットノーランを達成 ©BUNGEISHUNJU 横浜高時代の松坂大輔。公式戦44連勝を記録している ©BUNGEISHUNJU 98年のドラフトでは3球団が競合の末、西武ライオンズが交渉権を獲得した ©BUNGEISHUNJU

13年のセンバツに出場。決勝までの5試合で772球を投げた安樂智大。準優勝の立役者になったが「投げすぎ」を問題にする声も出た ©KYODO

4月3日のオリックス戦5回から登板し、今季初勝利を挙げた楽天・安樂智大 / photograph by KYODO 13年のセンバツに出場。決勝までの5試合で772球を投げた安樂智大。準優勝の立役者になったが「投げすぎ」を問題にする声も出た ©KYODO 「平成の怪物」と注目され、98年高3のセンバツ、夏の甲子園と優勝した横浜高時代の松坂大輔 ©BUNGEISHUNJU 「平成の怪物」と注目され、98年高3のセンバツ、夏の甲子園と優勝した横浜高時代の松坂大輔 ©BUNGEISHUNJU 98年夏の決勝(京都成章戦)では史上2人目となる決勝戦でのノーヒットノーランを達成 ©BUNGEISHUNJU 横浜高時代の松坂大輔。公式戦44連勝を記録している ©BUNGEISHUNJU 98年のドラフトでは3球団が競合の末、西武ライオンズが交渉権を獲得した ©BUNGEISHUNJU

ページトップ