SCORE CARDBACK NUMBER

反射神経を越えた、イチローの思考。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2007/06/28 00:00

反射神経を越えた、イチローの思考。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 忘れ去られてしまうには、あまりにもったいないプレーがあった。5月29日アナハイムで行われたエンゼルス対マリナーズ、4回裏の出来事だ。

 時計の針は午後8時を指していた。その時、クインランの打球が中堅で守るイチローのもとへ飛んだ。余裕を持って捕球すると誰もが思った瞬間、いきなりイチローが後ろを振り返った。打球は約3m後方へ落ちた。「センター方向に来たのは分かりましたよ。ただ、その後は……」

 実はこの時、空が真っ白になり打球が消える、いわゆる“薄暮”の時間帯だった。外野手にとって最も厄介な、魔の数分間だったのだ。「『絶対にフライは来るな!』っていう念力が弱かった。その意味では(自分を)責めるね」と独特の言い回しをしたが、要は名手をしてもお手上げだったというわけだ。結果はもちろん失策ではなく二塁打。イチローですら薄暮には勝てなかった、という論調でメディアも取り上げた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ