Number Web MoreBACK NUMBER

「俺んち、泊まれば?」遠藤航に密着TVディレクターは見た…リバプールで愛されるまでの“壮絶な1カ月”「ファウルしないとかあり得ない」―2024上半期読まれた記事 

text by

小野晋太郎

小野晋太郎Shintaro Ono

PROFILE

photograph byPA Images/AFLO

posted2024/05/08 06:01

「俺んち、泊まれば?」遠藤航に密着TVディレクターは見た…リバプールで愛されるまでの“壮絶な1カ月”「ファウルしないとかあり得ない」―2024上半期読まれた記事<Number Web> photograph by PA Images/AFLO

プレミアリーグで首位を走るリバプールで定位置を確保した遠藤航(31歳)。人生最大の勝負と位置付けた12月、どんな心境で戦っていたのだろうか

「この数カ月で実感していることはリバプールのサッカーは本当に攻撃的。たとえば相手を押し込んだ場合、サイドバック2枚は中にしぼる、8番(前線)は落ちてこない状況がある。だからこそ相手にボールが渡った瞬間にアンカーに求められる仕事はメチャクチャ多いです。ワンボランチで潰さないといけないスペースが広大にありますからね。しかも周りは攻撃的な選手ばかり。でも……俺は出来ないとは思わない。

 リバプールのアンカーは、“前”でボールを奪うためにいるんで、“後ろ”じゃ意味がない。だからこそ入れ替わられたとしても、自分にリスクがあってもいく。そもそも自分が剥がされても、その後に行ったセンターバックが刈り取ることができれば、チームとしてはOK。入れ替わられたシーンに対してネガティブに言う人もいるけど……それは気にならない。それがクロップのサッカーだし、リバプールのサッカー。俺がピッチに立てているわけだから」

ピッチの外では冷めている?

 シティとの首位攻防戦は1-1で勝ち点を分け合った。

 カラダの半分もあるようなロドリのお尻の大きさ。モハメド・サラーとハーランドの燃え立つような存在感。シンプルな走るスピードだけでなく、パス判断、強度が落ちないプレスの応酬。プレミア首位決戦の焦げるような体のぶつかり合いが、観戦者にも焼き付いていく。だが、そうやって感じた熱をぶつければぶつけるほど、日本代表キャプテンは冷めていく。

 燃えないわけではない、誰よりも体を投げ出すことで証明する。ただピッチを出たら、どんな事象も一回外におく。心と体は燃えている。言葉を燃やす必要はない。

「プレミアって、生で観たらサッカー観が変わるっていいますよね。いい時に、いい試合を観にきましたね。そういえば、こっち(リバプール)にきてから今までより観に来たいという人が増えましたよ。今度、梅さん(梅崎司)とか曺(貴裁)さんも来るって言っていたな」

【次ページ】 遠藤の才能を見抜いた曺貴裁

BACK 1 2 3 4 NEXT
遠藤航
リバプール
ユルゲン・クロップ
湘南ベルマーレ
曺貴裁

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ