格闘技PRESSBACK NUMBER

写真集は4冊発売…『キッスの世界』でも活躍した“アイドルレスラー”納見佳容が振り返る「あの帯は嫌だった」「感情は二の次。麻痺してました」―2022-23 BEST5

posted2023/05/12 11:00

 
写真集は4冊発売…『キッスの世界』でも活躍した“アイドルレスラー”納見佳容が振り返る「あの帯は嫌だった」「感情は二の次。麻痺してました」―2022-23 BEST5 <Number Web> photograph by L)本人提供、R)Yuki Suenaga

『キッスの世界』でも活動し、アイドルレスラーとして人気を博した納見佳容さん

text by

伊藤雅奈子

伊藤雅奈子Kanako Ito

PROFILE

photograph by

L)本人提供、R)Yuki Suenaga

2022-23の期間内(対象:2022年12月~2023年4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロレス部門の第2位は、こちら!(初公開日 2023年1月18日/肩書などはすべて当時)。

全日本女子プロレスで活躍し、つんくプロデュースのガールズユニット「キッスの世界」のメンバーとしても人気を博したプロレスラー・納見佳容。現在46歳になった彼女が、ヌード写真集の発売など、“アイドルレスラー”としての当時の活動について振り返る。《全3回のインタビュー2回目/#3につづく

 今年配信予定のNetflixオリジナルドラマシリーズ「極悪女王」では、史上最恐のヒール(悪役)ユニット「極悪同盟」総帥・ダンプ松本を軸にした、80年代の女子プロ大ブームが描かれる。全日本女子プロレス興業は、この極悪やクラッシュ・ギャルズといったスーパースターの出現とバブル経済によって、巨万の富を手に入れた。しかし、数億円単位の株式運用に失敗して、90年代中盤から凋落。97年には14選手が離脱。納見佳容が再入団したのは、そのタイミングだった。

 細い手足に小さな顔、エキゾチックな大きな瞳の納見が、アイドル路線を歩まされるのは自然の理。ソロでテレビCMに出演、グループで歌手デビュー、DVDと写真集をリリースしたほか、“ラストアイドル”は04年の引退まで疾走した。

◆◆◆

「アイドル路線」への葛藤があった

納見 戻ってすぐに、健康食品のパンフレットとちらしのモデルの仕事が来ました。(松永高司)会長がすごい喜んでくれて、それがすごいうれしかったのを覚えてる。

――自分ではなく、会長が喜んだことがうれしかった?

納見 そうなんです。さっきは平成7年のデビューのときの嫌な思い出ばかり言っちゃったけど、ほのぼのした思い出も実はあって。私、初めて出た雑誌に「会長にタメ口をきく宇宙人」って書かれたくらい、会長を近所のおじさんぐらいに思ってて(笑)。ほんとに大好きで。新人のころは、練習が終わって先輩が帰ったあとの(午後)10時とか11時ぐらいからが自分たちの自由時間で、(道場の上階にあった)事務所に上がってくと、1回帰った会長と(松永健司)副会長が戻ってきてて、全女が経営してたカルビ丼のお店とかを回るんですね。今思うとたぶん、売上金の回収だったと思うけど、そこに私ともが(同期の最上眞理)が付いていく。私たちが、(併設されていた)寮に戻ってても「行くぞー!」って呼んでくれて、他愛のない話をして、カルビ丼を食べて帰ってくるだけなんですけどね。

――大好きな会長が喜んでくれるから、その後に歩まされたアイドル路線もがんばることができたと。

納見 んー、そこは葛藤があったと思う。「キッスの世界」の前と後は、特に。

――キッスの世界は2000年に、つんく(現:つんく♂)さんプロデュースとフジテレビの全面バックアップで結成された納見さん、高橋奈苗さん(当時)、脇澤美穂さん、中西百重さんによるガールズユニット。つまり、この誕生前は、ソロでアイドルとして売りだされるのが嫌だったと。

【次ページ】 セクシー写真集の発売は「自分ができる精いっぱいでした」

1 2 3 NEXT
納見佳容
高橋奈苗
脇澤美穂
中西百重
キッスの世界
つんく
全日本女子プロレス
高橋奈七永

プロレスの前後の記事

ページトップ