Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[イタリア挑戦の変化]高橋藍「屈強な鎧と高さを身につけて」

posted2023/01/13 07:00

 
[イタリア挑戦の変化]高橋藍「屈強な鎧と高さを身につけて」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

世界最高峰と言われるセリエAでプレーする新星は、持ち味の高いジャンプ力としなやかなフォームから繰り出す鋭いスパイクにさらに磨きをかけた。フィジカル面でも飛躍的な成長を見せるその秘密に迫る。

 2021年12月に渡欧してからわずか4カ月で昨季は体重が6kg増えた。

「もともと(体重が)減るほうで。試合が続くと、すぐ落ちちゃうんです」

 だからこそ、というわけではないが、とにかくよく食べ、日々鍛える。まさにその成果が現れていると高橋藍はほくそ笑む。2シーズン目を迎えたイタリアでのトレーニングが、着実にフィットしてきたのを実感していた。

「日本もイタリアも試合期でもウェイトトレーニングをするのは同じです。でも、頻度とかかる負荷は全然違う。日本では試合の2日前は調整で、軽く身体を動かしてボールの感覚を確かめるほうが多いですが、イタリアは2日前でもめちゃくちゃウェイトトレーニングをして、普通に追い込む。最初はきつかったですけど、続けるうちにパフォーマンスは確実に変わったし、筋肉量も増えた。目に見えて大きくなったと思うし、身体を守る頑丈な“鎧”がある。そういう感覚を強く持つようになりました」

 高校3年生だった'20年の春高バレーで優勝。東山高のエースで主将として活躍し、同じ年の2月に日本代表登録選手に初選出され、1年の延期を経て翌年の東京五輪に出場した。188cmと高さが武器となるバレーボール選手の中では、決して恵まれた体格ではない。それでも学生時代は相手ブロッカーを上回る跳躍力と、巧みな技術で圧倒してきたが日本代表に入れば「心技体」のバランスが整わなければ戦えない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2931文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

高橋藍
パドヴァ
東京五輪
パリ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ