格闘技PRESSBACK NUMBER

「露出はお尻までと決めていた」元アイドルレスラー・工藤めぐみは“写真集&グラビア撮影”をどう思っていた? 性的画像に感じた「悲しさ」―2022下半期 BEST5

posted2023/01/04 06:01

 
「露出はお尻までと決めていた」元アイドルレスラー・工藤めぐみは“写真集&グラビア撮影”をどう思っていた? 性的画像に感じた「悲しさ」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama/AFLO

現在53歳となった元女子レスラーの工藤めぐみさん。現役時代の写真集撮影の裏側などを聞いた

text by

伊藤雅奈子

伊藤雅奈子Kanako Ito

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama/AFLO

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第4位は、こちら!(初公開日 2022年11月11日/肩書などはすべて当時)。

そのビジュアルと激しい試合ぶりで“邪道姫”と呼ばれ、人気を博した元女子プロレスラーの工藤めぐみ。現在53歳となった彼女に、当時引っ張りだこだった写真集、グラビア撮影への本音や、近年問題となっている性的画像問題などについて聞いた。(全3回のインタビュー第2回/#3につづく

◆◆◆

 全日本女子プロレスにはわずか2年しか在籍していなかったにもかかわらず、工藤めぐみはセンターポジションだった。「全日本女子プロレス ‘86新人オーディション」に合格したときも、翌87年8月5日に開催された「未来闘争IN後楽園~プレリュード~」で惜しくも優勝を逃したときも。写真のなかの工藤は、前列の中央に配置されている。16歳という若さに加え、そのルックスを高く評価されていたのは自明だ。

 FMWで復帰した2年後の92年、シャーク土屋とクラッシャー前泊が全女に着火した形で、女子プロ団体対抗戦がスタート。JWP(現:PURE-J)、LLPW(現:LLPW-X)、GAEA JAPANを巻きこんだ一大スペクタクルとなった。唯一無二の世界観と地位を確立していた“邪道姫”工藤のビジュアルを一般メディアが放っておくはずがなく、グラビアタレントと二足のわらじをはくことになった。

工藤 そういう表現の方法は、得意ではなかったです。だから、大仁田さんは私をイベントに同行させたんだと思います、「見て学べ」と。大仁田さんによく言われていたのは、「テレビも大切だけど、ラジオをやれ」と。私はラジオのおもしろさや影響力がわかってなかったけど、自分のラジオ番組を持たせていただいたんですね。でも、最初は音楽に特化したもので、ゲストのミュージシャンでも大御所のみなさんがたくさんいらっしゃって、話を持っていけないし、会話のキャッチボールができない。苦しかったです。でも、音楽界、お笑い芸人さん、プロレスの方とか毎回違う分野の方がいらっしゃるようになると、知らない分野のことを知れて、楽しくなっていきました。大仁田さんが言ってた意味はこうだったんだって、感謝しましたね。

グラビア初挑戦は「いきなり水着。緊張しまくり」

――グラビア界に進出したときの気持ちは、どうでしたか。

工藤 いちばん苦手な分野(苦笑)。当時の荒井(昌一)社長から、「工藤さんは写真がダメなんだよね。いい写真がない」って言われてたので、余計に苦手意識が出てしまって。最初に出した写真集では、カメラマンさんが子どもをあやすように、無理やり笑わせてくれて、それぐらい苦手です。私のなかの表現方法で「写真」っていうのはないんですね。なんででしょうかね、ルックスに自信がないからじゃないですか。

――いや、いや。グラビア初挑戦は、どんなシチュエーションでしたか。

工藤 FMWに入ってすぐだったので、20歳前ですかね。一般誌で、いきなり水着。勝手を知らず、現場のスタッフさんもこっちの関係者も、全員男の人。そのなかで普段は着ないビキニを着て、緊張しまくり。ロボットのような動きで、ガチガチで。それでわかってもらえたのか、「これから同行は女性スタッフにするね」って言われました。

【次ページ】 グラビアで決めていたこと「露出はお尻まで」

1 2 3 NEXT
工藤めぐみ
FMW
大仁田厚
全日本女子プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ