オリンピックへの道BACK NUMBER

「あのユニフォーム、今どうなった?」国内大会で着用者なし…性的画像被害を防ぐ“ユニタード”が体操界で普及していない「3つの理由」―2022下半期 BEST5

posted2023/01/03 11:00

 
「あのユニフォーム、今どうなった?」国内大会で着用者なし…性的画像被害を防ぐ“ユニタード”が体操界で普及していない「3つの理由」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

東京五輪でユニタードを使用し注目を集めたドイツ代表

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Getty Images

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スポーツ総合部門の第2位は、こちら!(初公開日 2022年9月23日/肩書などはすべて当時)。

 

 今春以降、全日本体操個人総合選手権やNHK杯、全日本種目別選手権、そして全日本シニア選手権も行われた。

 シーズンが進む中で、ふと問われたことがある。

「あのユニフォームはどうなったのですか?」

 あのユニフォームとは、「ユニタード」のことだ。昨夏に行われた東京五輪で、注目を集めたことを記憶している人も少なくないのではないか。体操女子団体に出場したドイツが着用した、足首まで覆うタイプのものだ。

 ドイツは東京五輪に先駆けて行われた欧州選手権でも着用していたが、オリンピックという大舞台で広く知られることになった。

ユニタードが東京五輪で注目を集めた経緯

 注目と話題を集めた理由は、従来の体操女子はレオタード、というイメージを覆すスタイルであったこととともに、近年のスポーツ界が向き合ってきた問題が結びついたことにあった。それを端的に示していたのはドイツ体操連盟による声明にあった、「スポーツを性の対象として扱うことに対する抗議である」の文言である。

 言葉にあるように、近年、体操に限らず、さまざまな競技で、盗撮や性的な目的での画像の拡散による被害が大きく取り上げられるようになっていた。その中で現役、引退を問わず選手たちも実体験を踏まえるなどして発言する機会が増えると、あらためて深刻な状況と、問題が放置されてきたことが浮き彫りになった。

 そうした流れを受ける形で、オリンピックの開催を前に、日本オリンピック委員会などが共同声明を出し、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会も会場への入場者に対する禁止行為の中に「アスリート等への性的ハラスメント目的との疑念を生じさせる写真、映像を記録、送信もしくは作成すること」を加えた。

 そして迎えた大会で、ドイツチームが注目されることになった。

【次ページ】 ユニタードが普及していない「3つの理由」

1 2 3 NEXT
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ