大相撲PRESSBACK NUMBER

「あんちゃん座れ」ケンカで無双“大分の龍二”が圧倒された千代の富士の迫力とは? 元大関・千代大海の九重親方が振り返る師匠との出会い―2022下半期 BEST5

posted2023/01/01 11:01

 
「あんちゃん座れ」ケンカで無双“大分の龍二”が圧倒された千代の富士の迫力とは? 元大関・千代大海の九重親方が振り返る師匠との出会い―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU/Ichisei Hiramatsu

元大関・千代大海の九重親方にロングインタビューを実施。前編では、“大分の龍二”時代や師匠(元横綱・千代の富士)との出会いについて話を聞いた

text by

飯塚さき

飯塚さきSaki Iizuka

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU/Ichisei Hiramatsu

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。相撲部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年9月10日/肩書などはすべて当時)。

関取5名、計27名の力士を抱える九重部屋。由緒ある同部屋を牽引するのは、元大関・千代大海の九重親方(46歳)だ。歴代1位タイの大関在位65場所という記録を残した「ツッパリ大関」は、いかにして相撲道に邁進することになったのか。ロングインタビュー前編では、九州全域に名を轟かせる不良だった少年時代の思い出や、先代九重親方である第58代横綱・千代の富士との出会いについて話を聞いた。(全3回の1回目/#2#3へ)

◆◆◆

運動神経抜群だった幼少期

――親方は幼少期に柔道の経験があると伺いました。その頃から体は大きかったのでしょうか。

 幼稚園の頃は、写真で見るかぎり周りの子より頭ひとつ大きいですね。1年に10キロずつ体重が増えて、5、6歳でもう50キロくらいありました。やんちゃで、朝から晩まで公園や海で遊んでいました。体は大きかったけど足が速くて、かけっこで2位以下になったことがありません。自転車も走るのも泳ぐのも好きでした。その頃から人間観察が趣味で、友達より大人と遊んでいるのが好きな、ませた子どもだったと思います(笑)。

 柔道を始めたのは、父が柔道家だったからで、始めたのは3歳のとき。父は僕が5歳の頃に他界していますが、オリンピック候補にまで残って、警察署の師範として柔道を教えていました。そんな父の下で、小さい頃から柔道のスパルタ英才教育を受けました。でも、一度小学校に上がるときに辞めて、サッカー部に入ったんです。小学3年生までサッカー部、4年生から1年だけ野球部、そして5年生からまた柔道を始めて、全国大会で3位になりました。

――どんなスポーツもできたということは、やはり運動神経がよかったんですね。サッカーや野球は、やってみていかがでしたか。

 サッカーでは、走るポジションがよかったのに、体が大きいからとゴールキーパーにさせられたんです(笑)。うちの学校は強くて、キーパーの仕事があんまりなかったから面白くなくて。野球をやったら、4年生で4番・キャッチャー。これも、本当はピッチャーかサードがよかった。残念ながら、指導者と考えが合わずに辞めてしまったんですね。

【次ページ】 11歳で高校生を一蹴した“大分の龍二”の伝説

1 2 3 4 NEXT
千代大海
千代の富士
九重親方
九重部屋

相撲の前後の記事

ページトップ