熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

アントニオ猪木の妹(ブラジル在住)が語る“猪木寛至の素顔”「どちらかというと寡黙な人でした」「闘病中も毎日のように電話を…」―2022下半期 BEST5

posted2022/12/31 11:04

 
アントニオ猪木の妹(ブラジル在住)が語る“猪木寛至の素顔”「どちらかというと寡黙な人でした」「闘病中も毎日のように電話を…」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU/Hiroaki Sawada

アントニオ猪木の妹・佳子さん。ブラジル在住の彼女が兄についての秘話を話してくれた

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU/Hiroaki Sawada

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロレス部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年10月24日/肩書などはすべて当時)。

燃える闘魂アントニオ猪木は幼少期をブラジルで過ごし、当地で力道山にスカウトされてプロレスラーの道を歩んだ。今もブラジルに住む妹や若き日を知る人物、当時の日本語新聞などを紐解くと、興味深い事実が次々と浮かび上がってきた。(全3回の1回目/#2#3も)

 アントニオ猪木の4歳年下の妹・佳子さんは、10歳のときに母親、猪木を含む兄弟10人と共にブラジルへ移住。現在はサンパウロ市内に住む。日本人男性と結婚し、二人の子供はいずれも歯科医で、一家が所有するビルの中に診療室を構える。ビルの地階に事務室があり、駐車場も経営。現在は悠々自適の生活を送る。

 兄の訃報を受け、傷心でありながら、丁寧に取材に応じてくれた。

寛至兄さんだけが飛び抜けて大きかった

――どんなお兄さんでしたか?

「とってもやさしくて、思いやりがある人。兄弟全員の自慢の兄であり、弟でした。兄の活躍を通じて私たち兄弟の心が一つになり、さらに日本国内のみならずアメリカやパラオといった外国へも兄弟全員で旅行させてもらった。これ以上はありえない、最高の兄でした」

――猪木さんは、プロレスラー、政治家、実業家といった枠組みを飛び越えて、圧倒的な発信力を備えた人でした。子供の頃からあれほど積極的に発言する人だったのですか?

「いえ、そんなことはないんですよ。どちらかというと寡黙な人でした」

――大変なおじいちゃん子だったと聞きました。

「そうなんです。母方の祖父はとてもスケールが大きな人。しかも、77歳の高齢でありながら、ブラジルへ行くことを決意した。兄は、こんな祖父の影響をかなり受けたと思います」

――ご両親、ご兄弟も、皆さん大柄だったのでしょうか?

「いえいえ、全く普通の日本人の体格。寛至兄さんだけが飛び抜けて大きかった。母方の祖父が大柄な人だったそうですから、母方の血を引いたのかもしれません」

――ご兄弟は皆、スポーツが好きで活動的だったそうですね。

「兄たちのうち、二人は空手をやっていて、一人は陸上長距離。私もダンスが好きでした」

私たちを頻繁に日本へ招待してくれた

――猪木さんは、ブラジル選手権の少年の部の砲丸投げ、円盤投げなどで優勝。サンパウロの青果市場でも、怪力で有名だったそうですね。

「数十キロの穀物が入った袋をトラックの荷台へ放り投げるのですが、兄は普通の人の2倍くらいの重さの袋でも涼しい顔で投げていました」

――その後の日本での活躍は、どれくらい知っていましたか?

【次ページ】 私たちはみんな平凡な人間なのに、どうして寛至だけ…

1 2 3 NEXT
アントニオ猪木
力道山

プロレスの前後の記事

ページトップ