ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

ボクシング界はメイウェザーvs.朝倉未来をどう見たのか?「避け方がぎこちなくなった」「あれがボクシングだと思われるのはつらい」―2022下半期 BEST5

posted2022/12/31 13:02

 
ボクシング界はメイウェザーvs.朝倉未来をどう見たのか?「避け方がぎこちなくなった」「あれがボクシングだと思われるのはつらい」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by RIZIN FF Susumu Nagao

試合後のフロイド・メイウェザー・ジュニアと朝倉未来。さまざまな意味で話題を集めた一戦だったが、ボクシング界の反応は渋かった

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

RIZIN FF Susumu Nagao

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。格闘技・ボクシング部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年9月29日/肩書などはすべて当時)。

 9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント『超RIZIN』。ボクシングの元パウンド・フォー・パウンド・キング、フロイド・メイウェザー・ジュニアと総合格闘家の朝倉未来によるエキシビションマッチは、試合後もさまざまな意見がネット上で飛び交い、大きなインパクトを格闘技ファンに与えた。

 そうした中、NumberWeb編集部から私に届いたリクエストは「ボクシングの玄人はどう見たのか?」というもの。早速、メイウェザーの“古巣”でもあるボクシング界の声を拾ってみると――。

「動きに“角”が出てきた」メイウェザーの衰えとは

 結論を最初に言ってしまうと、ボクシング関係者のメイウェザーvs.朝倉評は総じて渋い。まず登場してもらったのは試合会場で偶然つかまえた元日本チャンピオン。世界タイトルマッチの舞台に上がったこともある40代のOBだ。

「ああいうのは、僕らからしたらやっぱりうれしくはないですよね。現役の選手たちは毎日必死にトレーニングして、命をかけてリングに上がってるわけじゃないですか。メイウェザーは引退していて、たいして練習もしていない。それなのに今回の報酬は20億円とか。そりゃいい気持ちはしないですよ。需要があるから? もちろんそうですよね。メイウェザーのお金儲けがうまいと言えるんでしょうね」

 実際のパフォーマンスはどう感じたのだろう。

「公開練習をネットで見たときはさすがだと感心しました。ただ、試合を見ると動きにずいぶん“角”が出てきました。避け方もだいぶぎこちなくなった。朝倉選手を倒すのに必死だったという印象です。でも、最後の世界タイトルマッチになったアンドレ・ベルト戦から数えるともう7年(2017年のコナー・マクレガー戦は公式戦だがエキシビションみたいなもの)。しかも45歳。衰えるのは当然だと思います」

 続いて現役のボクサーにも登場してもらおう。日本タイトルを獲得したこともある30代のベテラン選手は、やはり顔を曇らせるのだった。

「僕的にはちょっといい気持ちにはなれない。やっぱりリングっていうのは現役の選手が命をかけて戦う場所だと思っているので。なんて言うか、一般の人にあれがボクシングだと思われてしまうのはちょっとつらい気持ちがあります」

【次ページ】 あるジムの会長は「ボクシングが貶められている」

1 2 3 NEXT
フロイド・メイウェザー・ジュニア
朝倉未来

ボクシングの前後の記事

ページトップ