メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「日本にはいつも感謝」元巨人・マイコラス34歳が2ケタ勝利&地区優勝でメジャーを代表する投手となっていた「妻や子供と、いつか東京へ…」―2022下半期 BEST5

posted2022/12/31 06:03

 
「日本にはいつも感謝」元巨人・マイコラス34歳が2ケタ勝利&地区優勝でメジャーを代表する投手となっていた「妻や子供と、いつか東京へ…」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

ヒゲをたくわえ、巨人時代とは違った風貌のマイコラス。メジャーでも活躍を続けるマイコラスは日本への感謝と将来の訪日の可能性も口にした

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。MLB部門の第2位は、こちら!(初公開日 2022年10月11日/肩書などはすべて当時)。

 日本球界を経た後、メジャーで才能を開花させた選手は少なくない。かつては、メジャーでレギュラーの座を追われ、現役生活の終盤に日本でプレーするベテラン選手も多かったが、近年は、在米のスカウティング戦略が変化し、日本球界向きの若い選手がNPBで実戦を積み、技術を磨いてメジャーに再挑戦するケースが格段に増えてきた。

 なかでも、元巨人のマイルズ・マイコラス投手(カージナルス)は今やメジャーを代表する投手としての座を確立させており、日本球界経由の選手としては「出世頭」となった。

 マイコラスは、過去数年の故障から完全復活した今季、開幕から先発ローテーションを守り、2018年以来2回目となるオールスターにも出場。12勝13敗と勝ち星こそ伸びなかったものの、202イニング1/3を投げ、防御率3.29と安定した投球を続け、地区優勝に貢献した。

 フィリーズ相手のワイルドカードシリーズでは第2戦に先発。ブライス・ハーパーに特大ソロを浴びるなど、5回途中2失点で黒星を喫したとはいえ、先発の柱としてフルシーズンを完走した。

日本のファンにはいつも感謝しているよ

 その一方で、自分の人生の岐路となった日本への思い入れは変わっていない。 

「妻と子供たちに、いつかまた東京へ戻れたらいいなと、いつも話しているんだ。休暇か、ジャイアンツでプレーするためかは分からないけどね。日本で過ごした時間や、勉強になったこと、僕がいい選手になるためにサポートしてくれたこと全てに感謝している。日本のファンにはいつも感謝しているよ」

【次ページ】 研究熱心なマイコラスがフィットした日本のスタイル

1 2 3 NEXT
マイルズ・マイコラス
ロベルト・スアレス
ニック・マルティネス
クリス・マーティン
セントルイス・カージナルス
読売ジャイアンツ
内海哲也
菅野智之
小林誠司

MLBの前後の記事

ページトップ