Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

ドラフト史上最多の8球団競合→ロッテ入団拒否「あの頃、ツンツンにとんがってましたから」小池秀郎の実家に届いた抗議の電話―2022下半期 BEST5

posted2022/12/30 06:02

 
ドラフト史上最多の8球団競合→ロッテ入団拒否「あの頃、ツンツンにとんがってましたから」小池秀郎の実家に届いた抗議の電話―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

ロッテに交渉権が渡り、苦い表情を浮かべる小池秀郎(亜細亜大)。「ドラフトの時期になると、決まってあのときの映像が流される」

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ドラフト部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年10月20日/肩書などはすべて当時)。

 

“運命の日”には、それぞれのドラマがある。今稿ではNumber764号(2010年10月14日発売)より、名選手たちのドラフト秘話をまとめた『その時、球史が動いた』を無料公開します。全4回の1回目は史上最多タイとなる8球団が競合した小池秀郎のストーリーです(#2福留孝介編、#3松坂大輔編、#4田中将大編へつづく)。

 会場内に「小池秀郎」の名前が8回響いた。その年の目玉だった即戦力左腕。亜細亜大の小池秀郎が史上最多タイとなる8球団から指名を受けたのは、1990年秋のドラフト会議でのことだ。

「そのときの気持ちはよく覚えてないな……。ドラフトの時期になると、決まってあのときの映像が流される。なんてヘアスタイルしてんだ、って方が先。中途半端なパーマをかけていて恥ずかしくてしょうがない」

 競合の末、ロッテがクジを引き当てた。テーブル席に座っていた監督の金田正一は「やったーっ!」とバンザイ。だが、事前に、巨人、ヤクルト、西武の3球団を“逆指名”していた小池は、ロッテに対し入団拒否の姿勢を貫く。当時の亜大総監督、矢野祐弘が「12球団の中でもっとも避けたいと思っていた球団」と発言したことなどもあり、小池の選択に対する世間の風当たりは強かった。

「若かったんでしょうね……」実家には抗議の電話

「当時のロッテに、偏見をもっていたのかもしれませんね。なんで3球団にしぼったんかな……。強いとか、人気があるとか、そういうイメージだけで決めていたのかも。その3球団以外だったら、どこであっても行ってなかったんじゃないですか。あの頃、ツンツンにとんがってましたから。

 僕は割と周りに守ってもらったのですが、実家にはかなり抗議の電話もあったようで、帰ったときに電話の上に座布団が置いてあったことがあります。父親が『もう電話に出たくない』って。オヤジは当時のロッテのスカウト部長、醍醐(猛夫)さんに惹かれて、一度、真剣な顔で『あんなにいい人がいるのになんで拒否するんだ』って言われた。でも、あのときの僕には聞く耳がなかった。若かったんでしょうね……」

【次ページ】 記者から肩を叩かれ「逆指名してよ」

1 2 NEXT
小池秀郎
亜細亜大学
ロッテオリオンズ
近鉄バファローズ
野茂英雄

プロ野球の前後の記事

ページトップ