プロ野球PRESSBACK NUMBER

18年前、ダルビッシュ有はなぜ日本ハムのドラ1“単独指名”だった? 伝説のスカウトの質問「練習嫌いなの?」にダルビッシュ驚きの答え―2022下半期 BEST5

posted2022/12/29 06:02

 
18年前、ダルビッシュ有はなぜ日本ハムのドラ1“単独指名”だった? 伝説のスカウトの質問「練習嫌いなの?」にダルビッシュ驚きの答え―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by JIJI PRESS

日本ハムが単独指名で釣り上げた東北高・ダルビッシュ。右は当時編成ディレクターだった山田正雄氏 

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年11月19日/肩書などはすべて当時)。

 

 メジャーリーグ・パドレスで今季16勝を挙げ、日本人選手としてただひとりポストシーズンでプレーしたダルビッシュ有。日米通算200勝まであと「12」に迫る右腕は、意外にもドラフト入団時は日本ハムの「単独指名」だった。当時獲得に携わった日本ハム元GMの山田正雄氏(現スカウト顧問)にその獲得秘話と、選手を見極めるスカウティングの極意を聞いた。(全3回の#2/#1#3へ)

 アマチュア選手を見るスカウトたちが「一番難しい」と口をそろえるのが、数字には決して現れない「性格面」の見極めだ。特に十代の高校生は、プロ入り後にその素質を花開かせることができるか、あるいは潰れてしまうのか、鍵を握る大きな要素が「性格面」であると言える。

 2004年秋。ドラフト会議を控えたスカウト陣の間でその「性格面」を巡って評価が分かれていたのがダルビッシュだった。未来のエース候補として十分すぎる素質の一方で、練習嫌いで気分屋という「性格面」の評判から、1位指名を躊躇した球団は多かった。山田氏が振り返る。

「他のスカウトはそういう噂が耳に入っていたのかもしれないです。あまり練習をしないとか、性格が難しくて大変だぞ、とかね。見ていてそう思ったのかもしれない。あれだけのピッチャーがうちの単独指名だったわけですからね」

 そういった類の話は、当時、編成部ディレクターだった山田氏の耳にも入っていた。実際に東北高校のグラウンドに足を運んだ時も、練習らしい練習はほとんどせず、ダルビッシュの姿はふいと消えていた。率直にこう問いかけたことがある。

「練習嫌いなの? 走るの嫌なの?」

 ダルビッシュから返ってきたのはこんな言葉だった。

「そんなに嫌いでもないですけど、好きでもないですね」

【次ページ】 ふらっとネット裏にやってきたダルビッシュが…

1 2 3 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
北海道日本ハムファイターズ
山田正雄
花巻東高校
ダルビッシュ有
松坂大輔
菅野智之
中田翔
長野久義

プロ野球の前後の記事

ページトップ