プロ野球PRESSBACK NUMBER

清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった渇望の1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」―2022下半期 BEST5

posted2022/12/29 06:01

 
清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった渇望の1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by KYODO

プロ5年目を「変化」の年と位置付けた清宮。試合出場数はチームトップだ

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第4位は、こちら!(初公開日 2022年10月3日/肩書などはすべて当時)。

 

 注目を一身に集めたプロ入りから5年。日本ハム・清宮幸太郎は今、自身の「現在地」をどのように捉えているのか。BIGBOSSとの出会いがもたらした大きな変化。同学年のヤクルト・村上宗隆への本音は――。プロ入りから清宮を見続けてきた担当記者が綴った。(全2回の1回目/#2へ)

 変わりたい――。そう誓って臨んだ清宮幸太郎 の5年目シーズンが終わりを迎えようとしている。今季から就任したBIGBOSSこと 新庄剛志監督に多くのチャンスを与えられ、打率は2割前後ながら試合数、本塁打でキャリアハイの数字をマーク。もがき苦しみながら、一歩一歩着実に成長を遂げた1年だった。

「やっぱり変わりたかった」5年目の清宮が口にした渇望

 今年1月の自主トレ公開から、今シーズンに懸ける思いはひしひしと伝わってきた。ソフトバンク・柳田悠岐、ロッテ・安田尚憲らと並んだ清宮は、驚くほどスリムになっていた。「ここにいるメンバー中では余裕で一番食べていますけどね」と笑った顔はシュッと引き締まり、明らかに体つきが変わっていた。シーズン開幕直後、減量に踏み切った理由をこう語った。

「やっぱり変わりたかった。変わりたかったのが一番です」

「変化」への渇望を口にした。昨シーズンは初めて一軍昇格無し。同世代が大学や社会人野球を経てプロ入りするプロ5年目のシーズンに、危機感を誰より感じていた。 

【次ページ】 「デブじゃね?」から始まった1年。BIGBOSSへの思いは

1 2 3 4 NEXT
清宮幸太郎
新庄剛志
BIGBOSS
村上宗隆
柳田悠岐
北海道日本ハムファイターズ
早稲田実業高校
杉本裕太郎
山川穂高

プロ野球の前後の記事

ページトップ