サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

あの“三笘薫の1ミリ”、英国ではテレビ局に批判「陰謀論」「恥だ」…英国メディア「モリヤスを過小評価していた」「朝食はスシにするよ」日本代表を絶賛―2022下半期 BEST5

posted2022/12/27 17:00

 
あの“三笘薫の1ミリ”、英国ではテレビ局に批判「陰謀論」「恥だ」…英国メディア「モリヤスを過小評価していた」「朝食はスシにするよ」日本代表を絶賛―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

田中碧の2点目をアシストした三笘薫の折り返し。ゴールラインを割っていたかどうか、VARチェックが行われゴールが認定された

text by

田嶋コウスケ

田嶋コウスケKosuke Tajima

PROFILE

photograph by

Getty Images

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。W杯(海外評)部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年12月4日/肩書などはすべて当時)。

 

ドイツ代表に続き、スペイン代表も2-1で撃破。優勝経験国を相手に再び“歴史的番狂わせ”を起こした日本代表。「モリヤスを過小評価していた」「明日の朝食はスシにするよ」…サッカーの母国イギリスのメディアでも驚きの声が相次いだ。現地在住の筆者が綴る。

◆◆◆

「アンビリーバボー!」

「ジャパン、エクセレント!(素晴らしい) このドラマは本当に信じられない」

 試合終了のホイッスルが鳴ると、英テレビ局ITVで解説を務めた元スコットランド代表FWアリ・マッコイストが絶叫した。

 W杯カタール大会、グループステージE組第3節の日本対スペイン戦。日本代表はスペインに先制されながらも、後半に2ゴールを奪って逆転勝利した。

 試合では、森保一監督が堂安律と三笘薫を投入した後半から、解説のマッコイストもヒートアップしていった。堂安が同点弾を決めると「実にお見事。なんて力強いシュートだ。選手交代から、試合の流れを変えたのはドイツ戦と一緒だ」と褒めた。さらに、三笘の執念の折り返しから田中碧が逆転ゴールを決めると、「アンビリーバボー!」と絶叫。「ドイツ戦とまったく同じ展開だ。日本は、前半とまったく違うチームに生まれ変わった。なんという逆転劇だ。日本は決して諦めない」と雄叫びを上げたのである。

「サラリーマンのようだ」「モリヤスを過小評価していた」

 試合翌日も、日本代表への賛辞は続いた。英紙デーリー・ミラーのダレン・ルイス記者は、翌朝のテレビ番組で森保監督の采配が素晴らしい勝利を生んだと語った。

「正直言って、W杯の開幕前は誰も日本代表に期待していなかったと思う。ドイツ戦で日本が勝利した後も、おそらくこんな風に思われていたはずだ。『あぁ、ドイツは運がなかったね』とね。でも、強豪を相手に2勝した今、その考えは大きな間違いだったと言わざるを得ない。首位突破を決めたスペイン戦は、日本サッカー界にとっても特別な瞬間であり、特別な勝利となった。

 スペイン戦で、日本はドイツ戦と同じように先制された。だが、後半開始時に2選手を投入し、その采配が見事に的中した。ひとりは、先制点を決めた堂安。もうひとりは、田中碧のゴールを導いた三笘だ。森保監督が送り込んだこの2選手が勝利の立役者となった。素晴らしい勝利だよ」

 英紙デーリー・メールも、森保監督を称えた。ただし、ジョーク好きの英国人らしくユーモアを交えて、である。

【次ページ】 「サラリーマンのようだ」「モリヤスを過小評価していた」

1 2 3 4 NEXT
浅野拓磨
堂安律
冨安健洋
鎌田大地
吉田麻也
南野拓実
三笘薫
権田修一
板倉滉
守田英正
森保一
田中碧
伊東純也
久保建英
アーセナル
リバプール
遠藤航
前田大然
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ