サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「ニッポンのファンになった」ドイツが敗退したのに…カタールに残って森保ジャパンを取材したドイツ人記者の告白「正直驚いた3人の日本人選手」―2022下半期 BEST5

posted2022/12/27 06:01

 
「ニッポンのファンになった」ドイツが敗退したのに…カタールに残って森保ジャパンを取材したドイツ人記者の告白「正直驚いた3人の日本人選手」―2022下半期 BEST5<Number Web> photograph by JIJI PRESS

クロアチアに敗れて一夜明け、記者会見に応じる三笘薫(25歳)。今大会の日本代表の躍進には他国の記者からも注目が集まった

text by

フィリップ・セルドーフ/南ドイツ新聞

フィリップ・セルドーフ/南ドイツ新聞Philipp Selldorf / Süddeutsche Zeitung

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

2022年の下半期(対象:9月~12月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。W杯(海外評)部門の第4位は、こちら!(初公開日 2022年12月15日/肩書などはすべて当時)。

 

日本代表に敗れ、まさかの2大会連続のグループリーグ敗退となったドイツ代表。自国の敗退後も、現地カタールに残り、森保ジャパンを取材したドイツ人記者がいた。そのフィリップ・セルドーフ記者(南ドイツ新聞)がNumber Webに本音で綴る。(翻訳:井川洋一)

◆◆◆

「ドイツが敗退したあともカタールに残った」

 ドイツ人の筆者は自国の代表が敗退した後もカタールに残り、日本とクロアチアによる決勝トーナメント1回戦をアル・ジャヌーブ・スタジアムで観戦した。ドイツから鮮やかな勝利を収めた日本に興味を持ったからだ。

 この日も日本は格上と呼べる相手──ルカ・モドリッチを擁する前回大会の準優勝国だ──に、延長後半の終了の笛が鳴るまで懸命に戦っていた。ポゼッション率やシュート数ではやや劣ったが、良いプレーは随所に見られ、球際の勝負では互角にファイトし、不要なリスクは冒さなかった。ただしPK戦に入る段階で、日本の選手たちはすでに劣勢になることを感じていたかもしれない。なぜならクロアチアは大舞台におけるPK戦、つまり極限の神経勝負の経験を豊富に持っていたからだ。

 クロアチアはストレスへの強い耐性を備えており、いかなる状況でも落ち着きを失わない。そして成功を渇望している。4年半前のロシア大会でも2度のPK戦を勝ち上がっている彼らは、モドリッチ、イバン・ペリシッチ、マテオ・コバチッチ、アンドレイ・クラマリッチといった主力をベンチに下げていたが、それ以外の選手が堂々たるキックでネットを揺らした。逆に日本は最初のキッカーの南野拓実、そして三笘薫と吉田麻也も、重圧を感じていたようなシュートで失敗してしまった。

ドイツ監督も公言「ニッポンのファンだ」

 日本代表とその選手たちが目覚ましい成長を遂げているのは間違いない。技術、戦術、身体の面では、トップレベルにかなり近づいてきている。しかし精神面や勝負強さでは、クロアチアのような一線級と比べると劣ってしまう──少なくとも、現段階では。

 それはより多くの選手たちが欧州のトップレベルのクラブに所属し、日常的にメンタルタフネスを試されるような環境に身を置くことで改善されていくはずだ。また代表チームや日本サッカー協会は、欧州の強豪国のようにPKとPK戦の研究と対策を講じていくべきだろう。

【次ページ】 ドイツ監督も公言「ニッポンのファンだ」

1 2 NEXT
浅野拓磨
堂安律
冨安健洋
鎌田大地
吉田麻也
南野拓実
三笘薫
権田修一
板倉滉
守田英正
森保一
田中碧
伊東純也
ドミニク・リバコビッチ
ルカ・モドリッチ
前田大然
イバン・ペリシッチ
マテオ・コバチッチ
遠藤航
香川真司
内田篤人
長谷部誠
伊藤洋輝
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ