Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[起死回生の同点弾]堂安律「“背番号8”に魂込めて」

posted2022/12/07 08:01

 
[起死回生の同点弾]堂安律「“背番号8”に魂込めて」<Number Web> photograph by Atsushi Tokumaru

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Atsushi Tokumaru

「俺が決めるという気持ちで入った」と後半から途中出場。75分に日本を甦らせる同点ゴールを奪った男は、切り札としてこれ以上ない働きを見事にやってのけた。この日のために積み重ねてきた強い思いとともに。

 ヒーローになれるのは、ヒーローになるための準備をしてきた者だけだ。

「この5~6日、脳のなかでゴールを決めるイメージをしすぎて、眠れないくらいでしたから。でも、夢見た通りの結果ですね」

 ヒーローになるための努力なら誰にも負けない。堂安律はそう確信している。

 何しろ、大会前に筆者にむかって、こう話していたくらいなのだから。

「W杯は4年に1回の大イベントですけど、そこで活躍できるヤツは、今まで努力してきた人間だと思っています」

 果たして、その努力はドイツ戦での起死回生の同点ゴールで実を結んだ。

 彼の努力を挙げるには、ページがいくらあっても足りない。ここではハートで闘う堂安らしいエピソードに目を向けていく。

 今年の夏、昨シーズンのドイツ最優秀監督に選ばれたクリスティアン・シュトライヒが率いるフライブルクへ移籍した。数多のオファーからこのクラブを選んだのは、交渉の過程で、自身の課題を指摘されたからだ。選手を獲得したいと考える立場の人は、たいてい、聞こえの良い言葉ばかりを並べる。だが、フライブルクとシュトライヒ監督は違った。堂安が克服すべきポイントをあえて挙げ、こう訴えかけてきたのだ。

「オマエをさらに成長させたいのだ!」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2191文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

堂安律
クリスティアン・シュトライヒ
フライブルク
マリオ・ゲッツェ
長友佑都
原口元気
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ